ブログトップ
ヒットエンドにゃんEX
nekoumeume.exblog.jp
2018年 03月 01日
おにゃじ〝東京マラソン 2018”を走る part1
新御茶ノ水駅から地上に
b0166128_18583535.jpg
8K地点の小川町交差点にて







夫は結婚後、ぐんぐん育っておデブちゃんになった
妻として、あまり気にならなかったが、
40代後半になると膝にダメージを覚えたらしい
それを機にランニングを始めた夫
50歳に手が届くころ、いつしかマラソンの魅力を知ったかのように
マラソン大会に出るようになった

そして51歳秋、
初のサブ3をマークも
2時間59分50秒
(ネット2時間59分15秒)
と、超ギリギリタイム
そうは言っても、50歳にしての初サブ3
妻としてついて行きながら
まともに写真を撮ってあげられなかったことが悔やまれた

先日(2月25日)の東京マラソンだった
52歳での参加となった
走りやすくタイムが出やすいとか?
52歳にして人生2度目のサブ3が可能かも♪

ただし・・・
一週間前どころか、12日間の禁酒はきつかった!
きつかったのは、妻である走らない私自信なのだが。

まず、前々日の金曜日にゼッケンを貰いに
東京ビッグサイトへ行った夫の腕には
何かが巻かれていた 
夫曰く『大会終わるまで外しちゃダメなんだって』と 
b0166128_08294373.jpg
もしやテロ対策か!?

= 大会当日 =
早朝4時に夫は起きた
私は5時すぎに猫に起こされ
そのノリで、夫の背中のテーピングを貼る
夫への興味が薄いのか、間違っちゃってやり直し♪

何度も何度も荷物の確認をして出て行った

出て行ってから気付いた
『あっ、今日着るユニはどんなんだ?』
この後、私は8K付近と40K付近で応援だったのだが
どんな格好で走っているのかわからないとなると
あの参加人数だ
見つけたら奇跡に近い!

私は7時50分に家を出た

千代田線の新御茶ノ水で下車
地上に出てランナーの通過する反対側から見学することにした

b0166128_19034294.jpg
くもりで寒いが、ランナーにはちょうどいいのかもしれない気候

ボランティアさんが多くいるも
警備の警察官の方が大忙し
なぜなら、心理上困ったらおまわりさん?
b0166128_19035479.jpg
テロ防止から、道案内に
もれなく慣れないボランティアさんの雑用のお手伝いまで・・・

そんな私も、側にいらしたおまわりさんに
ランナーの通過する道を確認したり♪
思いがけず、多くの方法を頂いたのだが、
東京に居て東京を知らない私には
車いすランナーがどこそこ通過したと教えていただいても
そこがどこやら・・・

それでも何となくそろそろかな~?
b0166128_19041285.jpg
タイム計測表示車が現れて
b0166128_19094276.jpg
その向こうにトップの車イスランナーが見えた

b0166128_19095142.jpg
あっという間に過ぎて行った2台
b0166128_19103524.jpg
後に2台ついて行き
その後方遅れながら来たのは 
b0166128_19110383.jpg
車いすランナーの長い列

程よい距離とは言えず、曇りで私のカメラの腕もなく
ピントが沿道の人々にあってしまう
次はランナーを待つことに・・・

上空にヘリ
b0166128_19215002.jpg
それを合図に自動車の列? 
b0166128_19224807.jpg
・・・って、なんか他の大会に比べ車が多い!?

タイム計測表示車がみえたが 
b0166128_19250878.jpg
23分は通過予想時刻通り

来ました 
b0166128_19304314.jpg
まずペーサーが見えた
〝2時間切りかも?期待のランナーたち♪”
ワクワクしながらも、
〝失敗したー!”
晴れていたらいいのだが、この日は曇り
腕の無い私には、全くもって反対側からの離れた馬車からは
b0166128_19331524.jpg
まともな写真撮れず
それも、やっととれたと思ったら、
b0166128_19332796.jpg
沿道の人たちにピントがあっちゃいます

とりあえず夫の応援と、地下道を通って反対側に移動
一応大口叩いた夫は、
2時間55分切りを目指すと言っていた
無理だと思うが、8K地点までは調子に乗ってやってくるだろうと予想し
目安はサブ3のペーサーの風船の前までのランナー
風船が見えるまで探そうと必死に目を皿にして探した
側のボランティアの女性も一緒に探してくれた
目印は
〝デカあたま♪”
しかし、いくら待っても見当たらず・・・
b0166128_19504017.jpg
ついにサブ3の風船が姿を見せた
見失ったのか?それともリタイアか?
風船が過ぎると、今度は夫の友人のAくんを待つことにした
それまでカメラを下ろし、拍手しながら沿道でランナー応援に徹することにした
ボランティアの女性と、大会のお話をしながら拍手していると
〝 ば きー 
と一瞬聞こえたような、聞こえないような・・・
ボランティアの女性が反応するも
まさかと思いながらも、何事もなく過ごした
到底サブ3は無理な時間なのではないか?
その声が夫であってほしくない気持ちも働いていたのかもしれない

あんなに鮭食べさせたのに
あんなに赤パプリカでマリネ作ったのに
そして走らないのに
私もカーボローディング付き合って
使わないエネルギー貯め込んだのに!

Aくんは4時間切り
通過予測時間は9時54分
10時まで探した
夫に続き、Aくんも探せず
10時の時報と共に地下道へ・・・

千代田線に乗車し、次なる駅は
〝霞が関”

つづく・・・



[PR]
by fujiki-seki | 2018-03-01 07:09 | 2018 おにゃじ〝走る” | Comments(2)
Commented by tomoyoshikatsu at 2018-03-04 07:05
おはようございます

「 東京マラソン 」観てましたよ、、、

コースが変わり「 世界最高 」更新も楽しみでした
招待選手に その可能性がありましたからね

「 日本記録更新 」の ボーナスが すごい金額でしたけど
コレは「 更新 」される度に 支払われるんですよね

健康体であっても エントリーはしないでしょうけど
もっぱら「 テレビ観戦 」です
Commented by ふじきせき at 2018-03-07 18:58 x
tomoyoshikatsuさん、返信遅れ申し訳ございません

>世界最高!

私も目の前で世界新を見られるかも~♪
と、とても楽しみにしておりました

夫も自らの記録更新を楽しみにしていたレースでもありました

後半、ちょうど40K手前で見ていたのですが、
遅れていたはずの設楽選手が、3位に上がってきた時には
正直見間違えたのかとさえ・・・
あの細い体がすべてがバネのようでした

1億円のボーナス・・・
ランナーブームも落ち着いてきた昨今
陸連の負担を考えるとちょっと不安も感じますが
夢があって、これを機に若きランナーが増えてくれれば♪

小野剛選手のお話、ロッテファンから東都ファンになった私にはしみじみ感じ入ることが多かったです
ロッテにも東都リーグも、野球人生後まで考えてくれる指導者とそうでない指導者がおります

マラソンシーズン突入し、次は野球シーズンと・・・
私も〝ひたすら観戦”です♪

<< おにゃじ〝東京マラソン 201... 老猫わびが一瞬にして消えた? >>