人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ
ヒットエンドにゃんEX
nekoumeume.exblog.jp
2018年 01月 18日
ICAN事務局長フィン氏より表千家の初釜?
利休ねずみと呼ばれて
ICAN事務局長フィン氏より表千家の初釜?_b0166128_19023730.jpg

俺ガス



俺はサバトラの猫
天正ではないが、2月28日生まれ

飼い主バキは俺を〝利休ねずみ”と呼ぶ
千利休を茶人としてではなく、
政治家として大好きだと言う飼い主バキには、
俺の色が、角度によって利休ネズミ色に見えると言い張る
にゃんだかな~?

ところで・・・
まさか、首相がノーベル平和賞より
表千家の初釜
それも、家元のある京都ではなく
東京のお稽古場で行われる初釜の方を優先するとは・・・

ICAN事務局長のファン氏は、首相に会いたいと言っていた
なら、茶室で会えばいい
炭も水もお菓子もお茶も十分あるんだし!

俺は利休ねずみ色だと飼い主から言われて育ったが
利休ねずみとは、千利休が好んだとされる色

ちなみに・・・
利休の子が後を継いだのではない
後妻宗恩の連れ子少庵、その子である宗旦が継ぎ、
宗旦の息子の三男と四男が表千家と裏千家
二男は武者小路家に・・・
これが後の三千家である
本来政治に長けた利休の血を確実に継いでだろうとされるのは
あえて言うなら千家十職の楽家である

平和とは何?
今の時代、お茶をゆっくりいただけるのも
そこに平和があるからである
その平和をおろそかにして
よくぞお茶を点てられると・・・
よくぞお茶を口にできると・・・

なぜ、茶入れの蓋裏が金箔なのか?
それは毒に反応するからだ

今と違って、利休の生きた時代は戦国時代
争いのない時代を求め、皆が必死に生き抜いていた時代

平和への思いは、戦国時代を生きた人々の方が
実は本物なのだろうと・・・

なぜ今日なのだろう?
ICAN事務局長フィン氏より表千家の初釜?_b0166128_19032914.jpg
初釜ってそんなに大事か?


天正19年2月28日
利休が切腹した日






by fujiki-seki | 2018-01-18 08:00 | ガス文庫2《俺は知ってる》
<< 春の日差しの好きなわび、本当の... ICANより芸能人? >>