人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ
ヒットエンドにゃんEX
nekoumeume.exblog.jp
2016年 06月 30日
母の愛とは・・・
俺ガス(サバtらの猫)
母の愛とは・・・_b0166128_9392719.jpg
俺は16年前拾われた時、目はまだあいておらず、へその緒が付いたまま
生まれてその日のうちに捨てられたらしいと言われている
しばらくの間目が開かず、開いた時目の前にはおかめ飼い主バキの顔
生物の習性とやらで、最初に目にしたものが親だと思うらしいが・・・





俺の親はこんなおかめ顔なんかしてにゃい!と、
今もまだ見ぬ親の顔を想像して過ごす日々である

昨日の沖縄タイムスに衝撃的見出し!

キングギドラ、那覇に現る? 
 震え上がった一家に専門家が解説


那覇市首里汀良町の団体職員、岸川晶太郎さん(48)宅近くの電線に27日夜、「頭が三つ付いた鳥」が止まっているのが確認された。“第1発見者”の妻裕香さんと小学3年の長女藍(らん)さん(9)から、仕事帰りに一報を聞いた岸川さんは「まさかそんなのいるのか」と半信半疑。だが家に着くと「確かに1羽にも3羽にも見える」とうなずくしかなかった。雨が降ったりやんだりする中、午後7時半ごろから翌28日午前7時ごろまで、時折首を動かすだけでほとんど身じろぎもせずとどまっていた。

 「もしかして、キングギドラのヒナなのか…」。岸川さん一家がゴジラシリーズに登場する怪獣を思い浮かべ、震え上がった謎の生物の正体は一体-。

 「ズアカアオバトの親子ですね。夜なので休憩か就寝中です」。そう冷静に解説してくれたのは、沖縄野鳥の会の山城正邦会長(53)だ。6月はズアカアオバトの繁殖期後半で、小雨の日は電線を寝床にすることも。雨を弾く能力が十分でないヒナは、水にぬれて体が冷えると命に関わるため、親バトが羽を膨らませ保温するという。正解は「中心の親バトに1羽に見えるほど身を寄せる、2羽のヒナの愛らしいワンシーン」だった。

写真付きの元の記事→こちらクリック

写真を見た時、一瞬キングギドラ言うより突然変異か何かしらの理由での奇形か?と焦った
しかし記事を読むにつれ、それが母の〝子を守る愛”だと知る

無償の愛ってのかな?

母親を知らない俺
母の愛とは・・・_b0166128_10134291.jpg
親猫が仔猫の毛づくろいをするシーンを見ると羨ましく思う
母の愛とは・・・_b0166128_10135217.jpg
俺は自分でするしかない
まだ見ぬ、
母の愛とは・・・_b0166128_1014469.jpg
そして今後も会うことはない母親を思いながら毛づくろいする
by fujiki-seki | 2016-06-30 10:16 | ガス文庫2《俺は知ってる》
<< 保護猫わびの小ささを実感 ちょうどいい距離感とは >>