人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ
ヒットエンドにゃんEX
nekoumeume.exblog.jp
2016年 06月 24日
体重の激減が気になる中・・・
なんか最近〝可愛いサイズ”って言われる  
体重の激減が気になる中・・・_b0166128_93344.jpg
三頭身ってやつ? 





俺ガス
16歳の老猫
ここ最近、一気に老け込むも、なんとか日々淡々と生きている

俺だけではない
兄弟でもあるグレ(キジトラの雌)は、かすみ食べて生きているのではないかと思うほど顕著に痩せきている

思いがけず、保護した時はグレより明らかに軽く、ジャンプもできず、、事故の後遺症が残って食事もままならなかった保護された初老猫わび(年齢不詳)だったが、今はプチジャンプもでき動きも俊敏になった

昨日、俺とグレがまず獣医にお注射しに行くこととなった
俺は口の前回のバックに入れられ、グレは大きなスポーツ用のバックに・・・入れようとした時、毎回そうなのだが、〝ジャー!”って粗相してしまった
しかし、飼い主も手慣れたもので、すぐお掃除できるところでさせ、拭き拭きしてからバックにイン!

獣医さん到着♪
まずは俺から・・・
体重を測るとその激減にお医者さんも飼い主もびっくり!
4.6Kか4.7K位だったはずの体重が、3.5K位になっていた
人間の1Kとは違い、猫にとっては激減といえる
何かしらの老猫の病気だろうな~とは、薄々感じてはいたがまさかの激減に俺自身もショックだったのに・・・
呑気な飼い主は『最近、なんとなく可愛らしい雰囲気だな~って思ったのは、
大きな頭なのに体小さくなったからか~』
と、心配などしておらず・・・

お注射はいつも通り大人しいから先生が褒めてくれる♪

次はグレの番だ
これまた小さくなって・・・
体重は3Kを大きく切って、2.5K位になっていた
本当にカスミ食べて生きてるんじゃないかと思うほどだ

グレも大人しくお注射を受け入れ、グレも先生に褒められ♪
片目が眼底出血してるらしいと・・・
高血圧も関係しているらしいが、これも老猫の宿命かと。

俺もグレも老いからくる病気を受け入れながら、これからもユルユル生活して行こう

病院帰りの俺は、もう飛び出る気力も体力もないので、外の風景を楽しみながらの帰宅となった

飼い主たちは、慌ただしく再び出て行った
2つのバックを持って・・・
部屋には俺とグレ
初老わびと若猫ビーコンの姿はない

しばらくして飼い主が戻ってくると、バックから2匹が出て来た

飼い主曰く・・・
まずは大人しいわびから診察
目と口の事故の後遺症は仕方ないが、それ以外は元気なようだ
体重も増え、グレ並みの2.5K位

お注射は、チクッ!とした瞬間チラッと先生を見たが、大人しく受け入れたそうだ

次に警戒しすぎるほどするビーコンの番
診察室で放し飼いのように置かれたわびに対し、ビーコンは体重を量りたくてもすぐにバックに戻ってしまう
やっと量った体重は
 〝4.88K” 
え?っと、診察室内に驚きのあまり沈黙が一瞬漂ったそうだ
おブスの子に〝ブス”って言えないのと同じで、本気でおデブのビーコンには、先生から何の言葉もなく・・・

実は、お注射に合わせここ一週間ほど、〝太り過ぎ”を気にして、息を切らすほどのハードな猫じゃらし運動をしていたビーコンのはずだったのだが・・・

診察台の上で、頭を飼い主に抑えられながら急いでお注射されたビーコン
終了と同時に、そそくさとバックに入ってしまった
診察もろくにできずに終了

超怖がりのビーコンだったらしい・・・

内弁慶なのか、帰宅したビーコンは相変わらず好き勝手していた

4・88Kのビーコン
体重の激減が気になる中・・・_b0166128_9303722.jpg
まだ1歳になっておらず・・・
by fujiki-seki | 2016-06-24 09:39 | ペットⅤ
<< EU離脱の後は英分裂?  怪獣酒場 バキ、アロンを憐れむ >>