人気ブログランキング |
ブログトップ
ヒットエンドにゃんEX
nekoumeume.exblog.jp
2016年 03月 10日
俺の知ってる高木京介がいた
誰か高木京介君に伝えてくれ!  
b0166128_1043226.jpg
にゃんこを飼えと・・・

俺ガス(サバトラの猫)
昨夜、ニュースを見ながら飼い主バキが号泣していた
たった一人で記者会見していた高木京介くんに。





テーブルの上にはティッシュだらけになり、バキはひたすら
『高木くんがんばれー、
全て言っちゃえー
〝△智”(ピー)って名前言っちゃえー!』

と、根拠もたいしてない乱暴なことを涙しながら言っていた
夫のおにゃじから
『ティッシュだらけじゃん』
と言われ、妻バキは
『だって、高木くん一人で会見させられてんだよ~
それも、代表やらと違って紙なんか見ながら言ってないんだよ~
ナベ恒なんか、さっさと〝やめまーす”とか言って、ほとぼり覚めたころに何かしら役職ついてんでしょ!』

あんたは母親かい!と言いたいくらいだったが、確かに怖かっただろうと胸が痛くなる話もあった
俺は俺で一人で自分の言葉で謝罪をする彼を見て
〝俺の知ってる高木くん”
らしい姿に、しっかり一字一句こぼさず見届けてあげなければ・・・

バキは東都リーグが好きだが、だからと言って誰でも東都の選手だからと応援していたわけではない
バキ曰く・・・
高木くんは、國學院大のグラウンドで練習を見学させてもらった時、トンボを抱えながら恥ずかしそうな声で、しかしちゃんと挨拶してくれた姿に好感をもったと。
そして公式戦では、エース!
なのに、マウンド姿とスタンドでの姿が違いすぎて、おっちゃんから控えの選手に間違えられるも否定せず〝はい、はい・・・”と、意味もない説教に返事しながら聞いていた姿があった
あまりにも失礼なおっちゃんの言葉に、腹立たしく思ったバキは、トイレに立った際ちょうど真下にいた高木くんに
『〝エース”の高木さんですよね~♪
頑張ってくださいね』

と言ったと言う。
彼は控えめながら嬉しそうな笑顔で
『あっ、はい♪ありがとうございます』
と・・・
当時の國學院大は、打つ子も打たない子も同じ枠の中で戦わせていたため、投手頼みだった
やはり高木くんへの負担は大きく、彼が怪我をした時当然のように2部に落ちる
おかげで東都2部担当だった俺が、その後の復活した高木くんを味あわせてもらったのだが・・・
バキは高木くんを観たくて、エースの日である月曜には第二にくっついてくることもあった

一人ぼっちの謝罪会見
自分はナマケモノのくせに、〝まじめな人間が報われる世でなけでばならない”と思っている飼い主バキは言う
『嘘を平気でつき、悪いことを悪いと思わないで平気でいられるような人間でなくてよかった。』
と・・・
俺は思う、高木くんの勇気に
(これで彼はちゃんと生きていける)
と、一安心した

今の彼を手助けできることはないだろうか?
俺、猫だしにゃ~
b0166128_1052140.jpg
そうそう、猫を飼うといいよって教えてあげたい
こびない猫は〝生きていることのありがたさ”を気付かせてくれるはず 

俺は巨人フロントや先日の甘利氏の謝罪会見より、ずっとずっと高木京介くんの方が、保身を考えず誠心誠意謝罪しようとした気持ちが伝わってきた

ところで、あの高木くんを悪の道に誘えちゃう環境っていったいどんなとこ?
by fujiki-seki | 2016-03-10 10:33 | ガス文庫2《俺は知ってる》 | Comments(4)
Commented at 2016-03-10 12:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ふじきせき at 2016-03-10 13:22 x
非コメ〝S”さん、返信不要とのことですが、勘違いされていらっしゃったようなので返信させていただきます。

Sさんのコメントに

>東都だからってどこのチームも応援するわけではない…つまりうちはもう応援されてないんだな。

とございますが、ブログには
〝チーム”ではなく、〝選手”と書いてございます。
審判に唾を吐いたり、植木でタバコ吸ってたり、監督のいないところで〝おっさん”呼ばわりしたり、ブログ荒らしたり・・・そんな選手を応援する気は全くないので。

もう一つ、

>全日本大学野球選手権に出ていた頃は
「東都の代表!!」
とか言ってさんざん持ち上げていたくせに!

と書かれてございましたが、
毎年出場チームすべて〝東都の代表”として、時間が許す限り応援に行っておりブログ記事にしております。



Commented at 2016-03-10 21:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 俺ガス at 2016-03-10 23:49 x
非コメ〝U"さん、こんばんにゃ~

コメントありがとうございます。
>もし不適切な・・・
とんでもございません。
それどころか、読み進めていくごとに同感の気持ち以上に、こんな未熟な筆に対し、言葉の向こうにある気持ち、そして何よりここまで行間を読んでいただけるとはとうれしい限りです。

俺もバキも、未熟な筆を成長させるために、Uさんのような書き写す勉強(以前拝見させていただいた記事に文章の上達のためされていると言う方法)を、ちょっぴりまねてみようかと思った所存です。
<< おにゃじ“東京マラソン 201... 高木京介はどこへ行ってしまったのか? >>