ブログトップ
ヒットエンドにゃんEX
nekoumeume.exblog.jp
2015年 06月 12日
中央大対亜細亜大 5月21日 東都大学野球1部 後半
5月21日 神宮球場にて観戦
中央大対亜細亜大 東都大学野球1部

このブログの管理人でもある、わたしの飼い主は亜大ファン  
何が好きって・・・  
b0166128_18491520.jpg
あんな感じや 
b0166128_18493180.jpg
こんな感じ

プレー関係ないじゃん!

こんにちは わたしグレ♪
昨日、専修大と早稲田の試合を観戦してきました
わたしの管理人バキが
『いつもやらないバントなんかするから~、シングルヒット4本で1点入る走塁力なんだから小細工しなくても、単なる付け焼刃じゃん!・・・はじめてみたよ、バント小フライの投手ワンバウンド処理で、3塁アウトの後、
  〝1塁じゃなくって、2塁アウト”
って・・・どんだけ走るの軽視してるの?』
と、偉そうに言ってましたが、東都1部担当のわたしから言わせてもらえば、〝走塁&守備軽視”は専修野球なので、すべて投手の出来次第で試合がきまります。
小技は当然、走ること・守ること捨て、打つだけにかけての戦いをされてましたから・・・

気をとり直し、本題に入ります!
今日は、優勝逃した中央大と、最下位土壇場で回避した亜細亜大の、新たな気持ちで来シーズンに向けて始動した試合の後半をお送りいたします。
ベンチで控えの選手もこの日は観られ、今後の成長が楽しみな試合でもありました。

中央大対亜細亜大 前半→こちらクリック





本日の審判さん
b0166128_18541030.jpg


中央大
1 [8] 神里 (糸満)
2 [4] 吉田 (佐野日大) H 古藤 (高鍋) 4 新城 (興南)
3 [9] 泉澤 (習志野) 2 冨岡 (市川越)
4 [3] 小川(拓) (静岡)
5 [D] 佐藤 (明豊) HD 土谷 (前橋育英)
6 [5] 小河 (桐蔭学園)
7 [6] 松田 (國學院久我山)
8 [7] 飯嶌 (宇治山田商) 7 山田(直) (静岡)
9 [2] 保坂 (佐野日大) H9 今村 (星稜)
P-伊藤(都小山台) 在原(習志野) 畦地(県岐阜商) 鳥養(明石商) 鍬原(北陸)

亜細亜大
1 [8] 板山 (成立学園) 8 赤嶺 (沖縄尚学)
2 [6] 北村(祥) (星稜) 6 小山(倭) (富士見)
3 [5] 藤岡 (岡山理大附) 5 北村(拓) (星稜)
4 [D] 正随 (大阪桐蔭)
5 [3] 遠藤 (聖光学院) H3 木村 (亨栄)
6 [9] 桝澤 (八王子学園八王子) H9 宮崎 (帝京三)
7 [7] 水本 (大阪桐蔭) H7 伊藤(優) (駒大苫小牧)
8 [4] 法兼 (高知)
9 [2] 頓宮 (岡山理大附) 2 宗接 (神戸国際大附)
P-花城(八重山) 中村(稔)(長崎清峰) 石塚(玉野光南) 諏訪(下妻二) 嘉陽(松山聖陵)


6回表(中)
4 [3] 小川(拓) 2-2からの6球目135Kライト手前へのフライに、深い守備位置からダッシュし、
b0166128_836234.jpg
好捕球
5 [D] 佐藤 1-2から118K空振り三振
6 [5] 小河 初球
b0166128_8372576.jpg
目いっぱい引き付けて叩いた打球は、
b0166128_8373852.jpg
センターへのクリーンヒット
7 [6] 松田 0-1から飛ばした打球は、レフト左奥へ飛ぶも、打った瞬間始動速く、自慢の俊足飛ばして追いつく、
b0166128_8394986.jpg
こちら向きでの余裕の好捕球  
バキすかさず『上手い!』と・・・

6回裏(亜)
この回、中央大の投手交代は畦地郷資投手
b0166128_841196.jpg


8 [4] 法兼 初球138Kピッチャー返しは好反応でグラブ出し、ピッチャーゴロに 
9 [2] 頓宮 3-0から136K打ち上げセンターフライ
1 [8] 板山 1-2からの5球目セカンドゴロ

7回表(中)
8 [7] 飯嶌 サードゴロ、
b0166128_15573639.jpg
打者良い足あるも
b0166128_1558410.jpg
東都ナンバー1サードの強肩生かし 
b0166128_15585117.jpg
剛速球でアウト
9 [2] 保坂 フルカウントから四球
1 [8] 神里 2-2からの6球目見逃し三振
2アウト1塁
2 [4] 新城 2-1から
b0166128_16142356.jpg
二遊間のゴロが
b0166128_1614435.jpg
センター右へ抜け、一塁ランナー好スタートと共に
b0166128_1615121.jpg
一気に2塁を蹴って
b0166128_16151327.jpg
3塁へ  
b0166128_16152345.jpg
打者も自慢の俊足飛ばし2塁到達の中大ならではの好走塁 
2アウト2・3塁
3 [9] 泉澤 2-2からの6球目
b0166128_16211934.jpg
ライト線への
b0166128_16215960.jpg
クリーンヒット 
b0166128_16221388.jpg
ライトフェンス前で追いつき
b0166128_16222730.jpg
2点タイムリーも打者は1塁で止めおきます
4 [3] 小川(拓) 0-1からライト線へ飛ばした打球は、 
b0166128_16262100.jpg
日差し強い中、 
b0166128_16263216.jpg
見失うことなくしっかりキャッチ 

7回裏(亜)
2 [6] 小山(倭) 2-1から124Kセンターフライ
3 [5] 北村(拓) 0-1から124Kショートフライ 
4 [D] 正随 初球
b0166128_16313130.jpg
サード右への打球は
b0166128_16314626.jpg
サードが捌き、
b0166128_1632228.jpg
バウンド送球もファースト好捕球でアウトに

8回表(中)
この回、亜細亜大の投手交代は嘉陽宗一郎投手
b0166128_17223690.jpg


5 代打 土谷 1-2から134K空振り三振 
6 [5] 小河 2-2から142K空振り三振
7 [6] 松田 3-2から
b0166128_17503173.jpg
バット折ながら叩いたサード前へのボテボテの打球は、
b0166128_17504674.jpg
捕球後送球低くなるも、
b0166128_17505638.jpg
ファースト好捕球間に合ってアウト

8回裏(亜)
この回、中央大の投手交代は鳥養直生投手
b0166128_17554043.jpg


5 代打 木村 一球も振らず3-1から暴投での四球 
b0166128_17575389.jpg
インプレー中なので、
b0166128_1758685.jpg
しっかり走って1塁へ
6 代打 宮崎 2-2から144K高め空振り三振 
7 [7] 伊藤(優) ストレートの四球
1アウト1・2塁

来シーズンに備え育成中 
b0166128_1801343.jpg
交代ではなく指導♪ 
b0166128_1805722.jpg
失礼ながら、監督さんお歳召されてるけど、しっかりはしてベンチへ

8 [4] 法兼 監督さんのアドバイスが効いたかのように、ポンポンとストライク、1-2から131K見逃し三振 
9 [2] 頓宮 ポンポンとストライク、1-2からの5球目134K空振り三振
中大監督さん、どんなアドバイスされたのかしら?

9回表(中)
8 [7] 山田(直) 初球飛ばすもライトへファール、1-1から134K空振り三振
9 代打 今村 2-2から141K空振り三振
この後9回裏、今村選手はライトへ入りますが、ライトには打球飛ばず・・・OP戦の時守備がとってもお上手なイメージがあったので、ライトの守備観たかったです。
1 [8] 神里 0-1から0-1から
b0166128_1882461.jpg
ファーストゴロは体勢低くしの捕球 
b0166128_1883447.jpg
ピッチャーに渡ってアウト

9回裏(亜)
この回、中央大の投手交代は鍬原拓也投手
b0166128_1834984.jpg


1 [8] 赤嶺 2-2から149K外空振り三振
2 [6] 小山(倭) 2-1から124Kセンター右手前のフライ
3 [5] 北村(拓) 149Kストライクの入り、149K空振り、148K・149K・147Kとボールでフルカウント、127Kファール後、149Kも外れて四球
4 [D] 正随 フルカウント、連続ファール後、外構えて内に持って来て
b0166128_1837425.jpg
124K空振り三振

試合終了、そして両チームも今シーズン終了   
b0166128_18381795.jpg
秋は一回りも二回りも大きく強くたった姿をぜひ魅せてください

試合結果 
b0166128_1839115.jpg
中央大10対4亜細亜大
   
[PR]
by fujiki-seki | 2015-06-12 09:20 | 2015春 東都大学野球Ⅶ | Comments(5)
Commented by morokoman at 2015-06-19 07:11 x
グレ様

morokomanです。

これまで母校に対していろいろと厳しいことを書きましたが、今回の記事は「良いものを見せてもらったなぁ」という気持ちが湧いてきます。

投手起用です。伊藤くん、 在原くん、 畦地くん、鳥養くん、鍬原くん……。それぞれ活躍していました(在原くんは、二刀流なんですね)。みんなしっかりと成長して、次のシーズンに備えて欲しいです。

スポーツ新聞で知ったのですが、畦地くんはこれが嬉しい東都1勝のようですね。「もっと投げたい」と抱負を語っていて、頼もしい限り。その言葉通り、来シーズンはたくさん投げて、山手くんや他の投手と負担を分かち合って欲しいと思っています。

ここで思うのですが、東都に限らず六大学でも大活躍した投手が、プロに行くと意外と活躍できていないことに気づきます。

東洋大の大投手だった大場くんは、いったいどうしちゃったのかと思うばかりですし。他の名投手たちも首をひねることが多いです。(大学時代はものすごく評価が高かった早大の斎藤くん&二名も同じですしね)。

近年では、圧倒的な実績を残した東浜くんも伸び悩んでいるようです。

こんなことから考えると、今永くんも危ない。春怪我したのが惜しまれますが、案外彼の将来のためには良かったかも。無理しないで社会人に進み、そこで力を養ってからプロに行ったほうが、大成しそうな気がします。

大投手一人にすべてを託す、という時代ではもうないのかもしれませんね。超一流の投手を育てるよりも一流の投手をたくさん育成して、彼らをしっかりと社会人に送り出すことこそ、今の時代に求められているような気がします。

私が、中大の現監督に対して認識を改めた理由の一つでもあります。
Commented by わたしグレ at 2015-06-19 14:18 x
morokomanさん、こんにゃちは~♪

中大は、選手の数は少なく甲子園優勝チームからバンバン採っているわけでもないのに、今シーズンは優勝争いをされたんですよね。
よくがんばってるにゃって思います。

やっぱり野球はバッテリーが7割ですね。
捕手の保坂さんもホントがんばってらして・・・
投手陣の成長、どなたが頭角を現すか楽しみですにゃん。

プロに進まれても、本当は野手陣の力だったり捕手のリードだったり、本当に投手自身の実力だったとは限らないのだとここ最近感じております。

ちなみに東浜さんの時、監督さんは前々から球が軽いと仰ってましたがボールが変わると言っていたのでプロへ送られたのだと思われます。ただし、すぐ飛ぶボールに戻っちゃって・・・

力で抑える投球をされていた澤村さんや山崎さん、十亀さんなどは何とか通用されて・・・でも、藤岡さんや南さん、吉原さんは〝必ずスピード落ちるロッテ”なので、直球勝負の投手はことごとくダメみたいです。ファーム現地では、コーチが決してほめず、傍から聞いても嫌な気分になる指導だとか・・・。

ちなみに鍵谷さんは〝努力と謙虚”の選手♪応援したい投手です。

球の軽すぎる投手は通用せず!なのかもしれません。
Commented by morokoman at 2015-06-20 12:59 x
グレ様

レスありがとうございます。

>プロに進まれても、本当は野手陣の力だったり捕手のリードだったり、本当に投手自身の実力だったとは限らないのだとここ最近感じております。

逆に言うと、それだけ大学チームの守備が良い、ということなのでしょうね。プロとは言え、野手は打つほうを強く求められ、守備に関しては ? マークがついてもおかしくない選手もいますしね。もしかすると大学よりもレベルが低いのかも。

>力で抑える投球をされていた澤村さんや山崎さん、十亀さんなどは何とか通用されて・・・

大学野球ファンには、懐かしい名前になってしまいましたね。(まだ現役ですけれども)。大学時代は変に技工に走らず、ひたすら基礎体力を養い続けるほうがいいのだろうと思います。

鍵谷くん、美馬くん……このところプロ野球はすっかり見なくなってしまいましたので、どれだけ活躍しているのかうとくなってしまいました。元気で活躍してくれれば嬉しいな。

Commented by morokoman at 2015-06-20 14:14 x
長いので改めました。

>このブログの管理人でもある、わたしの飼い主は亜大ファン>
>何が好きって・・・  
>あんな感じや 
>こんな感じ
>プレー関係ないじゃん!

いや、ある!! と思います。ああいうことで、チーム全体の意識を統一し、戦意を高め、チームプレーをやりやすくしているのではないでしょうか。

ラグビーの例でいうと、ニュージーランドのオールブラックスが試合前に『ハカ』を踊りますが、それは洗練された見事なものだと言われています。チーム全体で同じポーズを取ったり、試合前に踊ったりすることは選手個人のみならず、チーム全体の意識を高める意味があると思います。

亜大の場合はおそらく内田監督時代、いやもっと前からおこなっているのでは?

我が中大にもあるのでしょうか。同じポーズをしなくても良いのだけれど、趣旨が同じものがあれば嬉しいのですが。
Commented by わたしグレ at 2015-06-21 11:34 x
morokomanさん、こんにゃちは♪

最近プロ野球を観ていて思うことは、キューバとアメリカとの関係が日本にも影響し始めていると・・・
ちょっと前は、メジャーでは年齢や技術が達せず出場機会なく、走れない守れないでも力で飛ばすのが助っ人が日本に来ていたイメージでしたが、今や普通にファースト・サード・レフト以外での守備に、向こうでアベレージヒッターでもメジャーより飛ぶボールで日本では長打に・・・
昔に比べ外人枠も増えたし。
現プロ野球界、大卒嫌いのコーチや監督さんの話も聞きます。
高卒以外はますます守備走塁小技(大学4番打ってバントしてなくても、プロだと2番や下位でバントを要求される環境)が重要視される時代が来そうな予感がします。

>ラグビーの例でいうと
、ニュージーランド・・・
個人競技ではない限り、やはりチームワークが大切ですね。

中大・・・探してみます♪

もうすぐ都市対抗です。
思い出いっぱいの元中大の選手たちに逢えたらいいにゃん♪と、楽しみにしております。
<< 駒澤大対國學院大 5月26日 ... 中央大対亜細亜大 5月21日 ... >>