ブログトップ
ヒットエンドにゃんEX
nekoumeume.exblog.jp
2015年 02月 21日
徐々に明らかになる“モコモコ”
俺ガス
b0166128_23325476.jpg

昨年末、飼い主バキがせっせとケージに通うようになった




俺は知っている!
そこには“鉄サビ色したモコモコ”がいることを・・・

今は寒さも手伝って、同じ年の姉のグレはほとんどおコタの中で過ごす
最近、寒くも優しい春の日差しを感じる日も増え、時折俺は寝床にしている箱ごとベランダで日に当ててもらう
寒いためか、毛の少ない(ストレスから舐めすぎて毛が薄い)グレはベランダに出たがらない

先日のこと・・・
バキがケージ前で日向ぼっこをしていると思ったグレは、喜び勇んでバキのもとへ駆け寄った
するとそこには、箱
そしてその箱の中に、モコモコ・・・

グレは一瞬固まるも、クンクン、クンクン・・・
モコモコしたものが、急に振り返ると、グレは小さく“ハー”して箱ベットに逃げ込んできた

しばらくして俺がケージを覗きに行くと、
b0166128_23352397.jpg
モコモコがいた
俺だって怖いが、襲ってこないようだ
ただ・・・何をすればいいのかわからず、何事もなかったかのように自分の寝床に戻った

バキは、『大丈夫だから~♪』と言いながら、グレ覗くも、俺にはバキにさえ怯えていたように見えた

飼い主への、裏切られたという気持ちと不安と・・・  
b0166128_23333784.jpg
そんな思いがグレの瞳は語っていた

モコモコの正体がどうであれ、俺はグレが心配だ
この時からグレの体毛は、ますます薄くなっていった

無神経な飼い主に憤るも、
b0166128_23332554.jpg
俺はただただ見守るしかないのかもしれない・・・
[PR]
by fujiki-seki | 2015-02-21 09:00 | ペットⅤ | Comments(0)
<< にゃん、にゃん、にゃんデー♪ 東都が誇る 黒田博樹投手 >>