ブログトップ
ヒットエンドにゃんEX
nekoumeume.exblog.jp
2014年 10月 06日
國學院大対駒澤大 9月18日 東都大学野球1部 後半
9月18日 神宮球場にて観戦
國學院大対駒澤大 東都大学野球1部

ナイスジャッジ! 
b0166128_973425.jpg
しっかりフェアー


こんにちは わたしグレ(キジトラの猫)♪
今日は、9月18日の國學院大対駒澤大の後半をお送りいたします

國學院大対駒澤大 前半→こちらクリック





本日の審判さん
b0166128_2174047.jpg


國學院大
1 [5] 山下(幸) (関東一)
2 [9] 小木曽 (中京大中京)
3 [6] 柴田 (岡山理大附)
4 [8] 水野 (遊学館)
5 [D] 小泉 (春日部共栄) HD 小橋 (岡山理大附)
6 [4] 井村 (横浜創学館)
7 [7] 久保田 (龍谷大平安) H7 平川 (静岡)
8 [3] 櫻吉 (金沢) H 諸見里 (沖縄尚学)
9 [2] 佐々木 (桐光学園)
P-岡崎(日大鶴ヶ丘) 栃谷(都小山台) 沖垣(生光学園)

駒澤大
1 [5] 米満 (敦賀気比)
2 [4] 前田 (京都外大西)
3 [9] 下川 (筑陽学園)
4 [8] 江越 (海星)
5 [3] 福山(亮) (東海大相模) H 木下 (文徳) 3 巻木 (明石商)
6 [7] 齋藤 (愛知)
7 [D] 長谷川 (東海大菅生)
8 [2] 高橋(亮) (埼玉栄)
9 [6] 砂川 (明豊)
P-今永(北筑)


6回表(國)
4 [8] 水野 初球飛ばす意識からか、アッパーっぽいスイングで
b0166128_2192841.jpg
セカンド後方へのフライ
5 [D] 小泉 1-0からサードファールフライ
6 [4] 井村 2-2から打ち上げ
b0166128_219475.jpg
セカンドフライ
長打・一発狙いの回だったのかな~?

6回裏(駒)
4 [8] 江越 1-1から134K
b0166128_2110363.jpg
ショート正面に入ってのゴロ
5 [3] 福山(亮) 1-1からファースト正面のゴロ
6 [7] 齋藤 1-1から
b0166128_21121332.jpg
強い打球の足元へのピッチャー返しに、好反応でグラブ出し、
b0166128_21122789.jpg
ピッチャーゴロに

7回表(國)
7 [7] 平川 2-2から連続ファール後、7球目外ボールに見えた球も、
b0166128_22171851.jpg
力で引っ張った打球は
b0166128_22173676.jpg
ショート頭上を越える左中間前へのヒット
8 [3] 櫻吉 1-1から
b0166128_22231611.jpg
ピッチャー右へ
b0166128_22233688.jpg
ナイスバント
1アウト2塁
9 [2] 佐々木 3-0から一球も振らずきっちり3-2にし、6球目ファール、7球目
b0166128_22242497.jpg
ライト線へ余裕のタッチアップ打球に見えるも、
b0166128_22244156.jpg
ランナー3塁へ走って、ライトからの返球速く、余裕のはずの3塁到達が、
b0166128_2224576.jpg
クロスプレーで
b0166128_22251994.jpg
ギリギリセーフに
1 [5] 山下(幸) 1-0から飛ばすも
b0166128_22267100.jpg
ライトフライ

7回裏(駒)
7 [D] 長谷川 1-1から
b0166128_2254865.jpg
ひっかけたショート手前の打球に、
b0166128_22535636.jpg
ショートダッシュしての処理は、
b0166128_22541958.jpg
間に合ってアウト
8 [2] 高橋(亮) 1-2からの6球目
b0166128_22553393.jpg
140K空振り三振
9 [6] 砂川 1-2からショート前への低いライナーは、
b0166128_22562811.jpg
タイミング合わせライナー捕球

8回表(國)
2 [9] 小木曽 初球
b0166128_22571994.jpg
140k叩き、
b0166128_22574391.jpg
センター前へ飛ばし出塁
3 [6] 柴田 1-0から
b0166128_8413177.jpg
捉えた強烈な打球に、よくぞ反応した!って感じでファーストグラブ出し、
b0166128_842348.jpg
速度が緩和され
b0166128_8421967.jpg
ユルッと後方へ転がった分、
b0166128_8432570.jpg
1塁ランナー3塁、
b0166128_8434658.jpg
俊足の打者走者は一気に2塁へ
グラブに当たってなければ、ライト線への強烈な2塁打コースなので、超俊足1塁ランナーは一気にホームインの可能性もあり・・・ファーストの好反応を褒めたい
ノーアウト2・3塁
4 [8] 水野  初球、それまで長打狙いスイングも、この時は
b0166128_844935.jpg
引き付けて返す打撃で
b0166128_8442269.jpg
三遊間を
b0166128_845041.jpg
b0166128_8451013.jpg
鋭い打球が通過する
b0166128_8444476.jpg
タイムリー
ノーアウト1・3塁
内野中間守備
5 代打 小橋 初球スイングしてないので、ボールかと思ったらストライクの様だったので、
b0166128_6395963.jpg
きっとキレキレにストライクコースから落ちてきたのでしょう
2球目126K空振りで2ナッシングと追い込み、3球目ボールの際に
b0166128_6414189.jpg
ランナースタートし、
b0166128_6415123.jpg
2・3塁で内野前進守備に
ファール後、
b0166128_6411451.jpg
141K釣りにつられ空振り三振で1アウト
1アウト2・3塁
 内野前進守備・・・・ここが問題!
6 [4] 井村 初球
b0166128_643214.jpg
インコーススイングとられ1ストライク、 次の瞬間、ピッチャー後ろを向いて牽制の恰好だけかと思いきや、ベースに入る意思のない前進守備の野手にユルッと牽制しちゃいました!
実は今回の都市対抗戦で、1塁ベースについてなかったファーストに牽制してボークとなったシーンがあり、これが東都審判2人のジャッジ
それも守備側のショート青柳選手が、ボークの瞬間すぐわかって“あ~、やっちゃった~”って仰ぎ見て・・・
しかし、その時よりわかりやすかったはずのボークでしたが、コール無し!
わたし以上に、この日いらした社会人野球専門ファンの方から、「あのボーク・・・・取らないのちょっと・・・」と、やんわり指摘され。
わたしが隣席バキに
『今の明らかにボークだよね!』
って、断言すると、呆れた顔で
『あんた駒大今までちゃんと見てきたの?!』
と言われました。
バキ曰く
『今のシーンでの問題は、ジャッジではなく、ショート砂川くんでしょう。岡くんしかり、白崎くんしかり、駒大のショートなら“おりゃー!”って牽制球に食らいつきながら、そのままランナーに飛んでタッチに行かなきゃ!捕球しただけでタッチしに飛ばなかったから・・・“おりゃー!”は駒大ショートのここ最近の傾向でしょう。審判さんたちはきっと飛ぶと思ったからだよ』
と・・・  
監督さんがダッシュで出てらして、抗議?
b0166128_711342.jpg
一通り何か言われて下がられ・・・
これについてもバキが監督さんにダメだし!
『鳥山監督、あれじゃあダメだよ。古株監督みたいに“ハイ、審判集まって相談して”って図々しく偉そうに言わなきゃ・・・』
と・・・でも、國學院の監督さんはそんな図々しくありませんから!
ん~、でもこの時は審判さんは四人いらっしゃるのだから、ジャッジが覆らなくても、相談くらいされても構わなかったんじゃないのかと。
このジャッジの後、やりきれない空気が國學院大に流れるも、それを吹き飛ばすだけの気力はなかったようです。
1-1から
b0166128_715381.jpg
スクイズ決行も、
b0166128_715174.jpg
外された時ファールにできず、
b0166128_7153432.jpg
3塁ランナー三本間に挟まれ
b0166128_716492.jpg
タッチアウト
2塁ランナーはなんとか3塁へ到達
2アウト3塁
1-2からファール、5球目インコースバット止めようと・・・
b0166128_7272716.jpg
空振り三振

8回裏(駒)
1 [5] 米満 1-1から
b0166128_732884.jpg
捉えた打球は、“さすが気比の打者!”ってかんじで伸びて伸びて・・・  
b0166128_7341127.jpg
ライトフェンス上に当たる2塁打に  
2 [4] 前田 1-1から
b0166128_735060.jpg
122Kデッドボール
ノーアウト1・2塁

ここで投手交代は沖垣泰史投手
b0166128_7354998.jpg


3 [9] 下川 初球
b0166128_7381281.jpg
3塁線へのサードに捕らせるナイスバントで、
b0166128_7382514.jpg
ランナー2・3塁 
4 [8] 江越 敬遠
1アウト満塁
5 代打 木下 1-2から
b0166128_739595.jpg
サードゴロは、打球微妙も
b0166128_7392361.jpg
捕ってすぐの送球は、ランナーと重ならないよう、きっちり横にずれての送球
b0166128_740176.jpg
ホーム送球 
b0166128_7413537.jpg
余裕のアウト、
b0166128_7411084.jpg
そこから1塁送球でWプレー
サードへの打球は  
b0166128_743374.jpg
しっかりフェアーのナイスジャッジ!

9回表(國)
7 [7] 久保田 2-2から119K外ファースト正面のゴロ
8 代打 諸見里 2-2から
b0166128_7445542.jpg
ショートゴロ 
9 [2] 佐々木  1-1からセカンド手前のゴロに、
b0166128_7492946.jpg
ダッシュ好捕球  
b0166128_7493616.jpg
送球もこの回守備固めに入った巻木さんだからサラッと好捕球

雑なプレーをせず、堅実に好守備で守りきった駒大勝利
國學院大は、多少のボール球も力で飛ばせる打撃の強さが空回り・・・そんな感じです。

もしわたしが東都だけしか見てなかったら、東都の審判さんたちが当たり前のレベルだと思うかもしれません。
しかし、他の大学リーグや、全日本大学選手権、神宮大会、時には社会人(プロはショーだから関係なし!)のジャッジを観ていると、東都のスピードについていけ、この日の8回裏のサードゴロなどのナイスジャッジなど、東都審判レベルは高いと最近つくづく感じます。

それこそふざけた話が、プロなど1億選手の打席でボールコールも、それより外れていても新人ならストライクになったり、ストライクの球をバントしに行って空振りして胸に当たってデッドボールコール受けたり・・・

今後も野球を続けられる選手は、これから理不尽に感じることと遭遇されると思います。
しかし、それも次への歩みの栄養だと思ってプラスに変えることのできる選手に育って行ってほしいです。

b0166128_893285.jpg
試合結果 國學院大3対2駒澤大    
[PR]
by fujiki-seki | 2014-10-06 08:15 | 2014秋 東都大学野球Ⅳ | Comments(0)
<< 亜細亜大対青学大 9月24日 ... 國學院大対駒澤大 9月18日 ... >>