人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ
ヒットエンドにゃんEX
nekoumeume.exblog.jp
2014年 01月 25日
JR北海道か~
文:ふじきせき

田中将大投手がヤンキースに決まった
ロッテにいた元メジャーリーガーが、まだダルビッシュも日本にいた時、日本の投手の中でストレートが一番なのは?という質問に、“田中”と即答したという(質問者から直接聞いた話である)




田中投手が甲子園決勝戦で負けた時、実は食事もできず点滴を打ってフラフラだったらしいが、未だ彼の口からその話を聞いたことがない
彼に言わせれば、自己管理ができなかった自分が悪いとでも思っているのだろうか
言い訳しない投手・・・私は彼にそんな印象を持っている

元ロッテファンの現東都ファンである私には、田中将大投手といえば高校時代の仲間・本間選手がセットで頭に浮かぶ
亜大時代の本間選手の気迫のこもった熱い守備は、上手下手とかいう世界とは違う東都ならではのもぎ取る守備・・・レフトファールゾーンのネットギリギリの普通は諦める打球も、ジャンプして体ぶっつけて捕球するから連写はお約束!
中大戦は何より面白くさせてくれた
ホームでのクロスプレーは、鮫島捕手と意地の激突で、なぜか本間くんが脳震盪を起こした
一番の楽しみは、澤村投手との戦いだった
一球一球が本気で熱かった
アウトかホームランかの戦い・・・その時だけは、チームではなく2人の戦いであり、ベンチもそれを許していた気もする

そんな彼はJR北海道へ・・・
入部後本社が問題を起こしけが人も出たことで、活動の自粛

昨年、大好きだった守備抜群(当時東都外野1・2部合わせても1・2を争う上手さ)・足もあり、打撃も綺麗な丹澤外野手(国士舘大)や、小柄ながらパンチ力のあった中谷外野手(駒大)が入部(入社)
都市対抗出場が決まり、彼らに会えるのが楽しみでたまらなかった

そして今年も・・・
そう思っていたのだが、ここずっとJR北海道の不祥事続きで、野球部のHPは昨年途中で止まっている

運命なのかもしれないが、あまりにも悲しすぎる
この際さっさと廃部にして、彼らをJR系列の野球部に送り出してあげたい
野球を続けるために進んだ道のはずなのに、野球ができない現実は厳しい

丹澤選手に関しては、特になんとかしてあげたい気持ちになる
まだ学生だった頃、JR東日本東北に進んだ先輩・西川元氣内野手のプレーを観たくて、せっかくの休日もロッテ戦(浦和球場)にせっせと出向いてきて最後までもくもくと試合を観ていた
正直、彼の守備の美しさを観て、下位でいいからできればプロに進んで欲しいとさえ思ったくらいだった


野球で食べていくのは本当に大変な時代に入っているようである
そんな中、それだけの実力がなくとも、よく入り込めたなと感じられる選手もいるのがまた皮肉である

一日も早くJR北海道野球部が活動できることを願うばかりである
by fujiki-seki | 2014-01-25 10:36 | バキコラム
<< デカ頭過ぎて・・・目だけのマーくん♪ 7年ぶりの馬油  >>