人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ
ヒットエンドにゃんEX
nekoumeume.exblog.jp
2013年 03月 13日
日体大対駒澤大 3月9日 オープン戦・後半
日体大と駒大ユニ・・・なんか色あいが似てる♪  
日体大対駒澤大 3月9日 オープン戦・後半_b0166128_17564588.jpg
   

こんにちは わたしグレ♪
日体大対駒大のオープン戦、後半をお送りいたします
強風だった前日に比べ、穏やかなお天気で何よりでした。

日体大対駒澤大 3月9日 オープン戦・前半(クリック)




日体大
1[D]國島
2[9]松岡
3[2]平野
4[3]野中
5[7]北田 
6[8]小柳 
7[6]栗林 H島田 5風呂光
8[5]田口 H斎藤 6今田 
9[4]中村道
Pー和田 樋口 服部

駒澤大
1[4]砂川
2[7]横嶋 H巻木 7川合
3[6]下川
4[8]江越
5[5]福山
6[3]柳原
7[D]大畠
8[2]岩崎
9[9]小森
Pー今永 西村 片山


6回表(体)
この回から、駒大の投手は西村投手に
日体大対駒澤大 3月9日 オープン戦・後半_b0166128_15102977.jpg


5[7]北田 2-1から3連続ファールも、7球目引っ掛けセカンドゴロ  
6[8]小柳 ストレートの四球
7[6]栗林 1-0から仕掛けるもファール、1-1からファーストファールフライ
8[5]田口 初球叩くも、
日体大対駒澤大 3月9日 オープン戦・後半_b0166128_15135394.jpg
ショート後方のフライ

6回裏(駒)
3[6]下川 1-0から変化球を振って1-2に・・・粘りを見せて頑張るも、
日体大対駒澤大 3月9日 オープン戦・後半_b0166128_15505130.jpg
8球目高め振って空振り三振 
4[8]江越 初球打ちは昨年神宮で観たエゴシーヒット方向も、
日体大対駒澤大 3月9日 オープン戦・後半_b0166128_15503930.jpg
わずかに外しクリーンヒットに(捉えると簡単にHRにしちゃう)
5[5]福山 2-1から
日体大対駒澤大 3月9日 オープン戦・後半_b0166128_15521598.jpg
センターオーバーの
日体大対駒澤大 3月9日 オープン戦・後半_b0166128_15523184.jpg
同点タイムリー
6[3]柳原 1-0から捉えた当たりも、
日体大対駒澤大 3月9日 オープン戦・後半_b0166128_15545448.jpg
1塁線好反応でファーストキャッチ!   
日体大対駒澤大 3月9日 オープン戦・後半_b0166128_15543850.jpg
1塁にはランナーいなかったのに・・・良いとこちゃんと守っていたのね♪
7[D]大畠 ランナー2塁も、投手腕も縮まらず
日体大対駒澤大 3月9日 オープン戦・後半_b0166128_15554962.jpg
空振り三球三振に    
OP戦での先発は、たいてい期待の投手が投げているようなので、日体大のことはよくわかりませんが、前日も左腕もこの日の左腕和田投手も期待の投手なんだろうと・・・
1失点も、自分のスタイルを崩さない良い投球を魅せていただきました。

7回表(体)
駒大この回からマウンドには片山投手
日体大対駒澤大 3月9日 オープン戦・後半_b0166128_155858100.jpg
   

9[4]中村道 0-1からファースト正面のゴロ  
1[D]國島 二遊間への打球に
日体大対駒澤大 3月9日 オープン戦・後半_b0166128_1672018.jpg
ショート飛び込み、好捕球
日体大対駒澤大 3月9日 オープン戦・後半_b0166128_1673582.jpg
素早く立ち上がり、間に合わせるためにバウンド送球も、一塁送球バウンドと捕球が合わず逸らせてセーフに
2[9]松岡 1-0からのエンドランは、
日体大対駒澤大 3月9日 オープン戦・後半_b0166128_1694018.jpg
泳ぎながらサード右へのゴロ、
日体大対駒澤大 3月9日 オープン戦・後半_b0166128_1611289.jpg
サードのグラブの下を抜けレフト前ヒットに
3[2]平野 ランナー1・2塁に置いて、
日体大対駒澤大 3月9日 オープン戦・後半_b0166128_16122014.jpg
日体大対駒澤大 3月9日 オープン戦・後半_b0166128_16143251.jpg
左中間へ飛ばし、
日体大対駒澤大 3月9日 オープン戦・後半_b0166128_16132012.jpg
2塁ランナー一気にホームに来てタイムリー   
日体大対駒澤大 3月9日 オープン戦・後半_b0166128_1614832.jpg
再び日体大が1点リードに
4[3]野中 1アウト1・2塁も、ここは踏ん張って、
日体大対駒澤大 3月9日 オープン戦・後半_b0166128_16155721.jpg
まずは1-2から変化球で空振り三振
5[7]北田 そして1-2から
日体大対駒澤大 3月9日 オープン戦・後半_b0166128_16161372.jpg
外低め見逃し三振に

7回裏(駒)
日体大はこの回から樋口投手に
日体大対駒澤大 3月9日 オープン戦・後半_b0166128_23514324.jpg


8[2]岩崎 1-0から
日体大対駒澤大 3月9日 オープン戦・後半_b0166128_23524788.jpg
つまりながらも
日体大対駒澤大 3月9日 オープン戦・後半_b0166128_2353041.jpg
ライト前へポテンヒット 
9[9]小森 2-1から
日体大対駒澤大 3月9日 オープン戦・後半_b0166128_23553054.jpg
1塁線のラインギリギリにナイスバント
1[4]砂川 ランナー2塁に置いて、3-2からの7球目
日体大対駒澤大 3月9日 オープン戦・後半_b0166128_23583281.jpg
ライトへヒット   
ホームにカメラを合わせるも、大事を取ってか3塁止まり
2代打巻木 1-2から
日体大対駒澤大 3月9日 オープン戦・後半_b0166128_05088.jpg
強く飛ばした打球は、深いセンターフライで、同点の犠牲フライに 
3[6]下川 ひっかけ
日体大対駒澤大 3月9日 オープン戦・後半_b0166128_054737.jpg
ショートゴロ

8回表(体)
6[8]小柳 初球打ちは、ライナー性の左中間の当たりも、ジャンプしながらのエゴシーキャッチでセンターフライに♪  
野球という職業(東都1・2部は、趣味とかではなく、仕事にしたいとそのつもりで来てるはず!)は、人が見てくれて成り立つ仕事♪ 
日体大対駒澤大 3月9日 オープン戦・後半_b0166128_011017.jpg
江越さんらしいプレーは、上手下手とかを越えたプレーで大好きです!
7代打島田 2-1からファースト正面のゴロ 
8代打斎藤 1-2からファーストゴロは、カバーのピッチャーにトスしてアウトに 

8回裏(駒)
この回から日体大は服部投手がマウンドに
日体大対駒澤大 3月9日 オープン戦・後半_b0166128_0155859.jpg


4[8]江越 0-1から打ち上げライトフライでしたが、周囲が民家ばかりなので低い高さの太陽の光が、まっすぐ日差しが目に入ります  
日体大対駒澤大 3月9日 オープン戦・後半_b0166128_0225339.jpg
ボールと重なり見失ったようです
前日のプレーと、この時の見失い方を見る限り、下手とかではないと・・・
彼らの試合前からの動きをきっちり見ているならば、このプレーを笑う大人はいないと思います。
もし下手な選手だとしても、ホーム球場ではないのですから・・・
5[5]福山 初球バントの構えでストライクも動かず、2球目3塁線上手前へフライをあげるも、捕手・投手・3塁手遠慮しちゃって・・・真ん中に落ちます
しかし、捕手が素早く捕球し1塁送球余裕で間に合ってアウト
6[3]柳原 ランナー2塁に置いて、三遊間への引っ掛けたショートゴロで、
日体大対駒澤大 3月9日 オープン戦・後半_b0166128_8482742.jpg
ショートがしっかりランナーを牽制しながら捕球
2塁ランナー打球とショートの位置から当然3塁に行かず・・・ここで行ったら、高田選手・谷内選手、ついでに西川元気選手(2部でのプレー知っているはすだから)に失礼になります。
東都野球は生き物・・・毎年勝つために、明らかに野球が変わっていき、変われないチームが降格していきます
今の東都野球では、ショートから3塁送球アウトを何度見たことか!
(サインで?)走らせることもあるのでしょうが・・・
ショート捕球後、
日体大対駒澤大 3月9日 オープン戦・後半_b0166128_847696.jpg
悪送球でランナーセーフになった間に、
日体大対駒澤大 3月9日 オープン戦・後半_b0166128_8463815.jpg
江越さんが3塁へ
7代打背番号31 ランナー1・3塁で、セカンドへのゴロ 2塁送球しアウト、
日体大対駒澤大 3月9日 オープン戦・後半_b0166128_0562328.jpg
2塁から1塁送球するもセーフ・・・よく走りました!
その間に3塁ランナーホームインで、1点リードに   
8[2]岩崎 ショートゴロは、しっかり腰を低くし安定した好捕球

9回表(体)
9[4]中村道 3-2も、2ストライクはファールでのもの、6球目ボールと見てバット止めて見送るも、
日体大対駒澤大 3月9日 オープン戦・後半_b0166128_85111100.jpg
外ストライクコールで見逃し三振
1[D]國島 初球セカンドゴロ
2[9]松岡 1-1から深く飛ばすもレフトフライで試合終了

2日連続ビジターで、日体大の野手陣はいつも通りの動きができなかったかもしれませんが、それでも十分安定感ある守備は楽しかったです。
捕球から送球の様子を見て、勝手な想像ですが、“根性”や“精神論”が先だった指導ではなく、科学的トレーニングで体の内側の中心を鍛え、丹田を中心に動作をしていらしたように見受けられました。
駅伝のトレーニングでも取り入れられたのかしら?と。。。

新人を多く使う今頃の時期
以前、社会人スカウト関係者の口から
『入ってから、長く使えない大きな怪我だったみたいで・・・正直困るよね~』
と・・・それが白崎勇気さんだとすぐ分かりました。
そして都市対抗の時、目の前の席に座られました
そしてベンチ入りもできない彼は、目の前の吉田投手の投球を観ているだけの立場
彼を知らない周りのおじさんたちは、心無い言葉を彼に浴びせます。
彼は笑顔で対応も、腹が立った飼い主・バキはついに
『ノーヒットノーランした、駒大のエース!』
って・・・
しかし、逆におじさんたちを『なんでここにいるんだ?』と横柄にさせ、彼の傷に塩をすり込んでました。
彼に現状を尋ねると、怪我はもう大丈夫になってきたことを笑顔で話してくれました
その笑顔は、わたしの胸を締め付けました
   1部昇格の代償は大きすぎた・・・
プロになりたての十亀投手も現れました
もし、怪我を押して1部昇格などなかったら、十亀投手のよう、少なくとも社会人1年目から活躍できたのに・・・と。

2部当時、雨宿りをしてた際、駒大の選手たちに、
『ピッチャー最低三人揃えて、1部に上がってきて』
と、バキが偉そうに言っていましたが、その1年後、彼らはきっちり約束を守って卒業していかれました
その時の駒大の選手たちは、社会人になっても応援していきたいと思います

ノーヒットノーランを記録し、エースとして踏ん張り、社会人1年目を棒に振ったほどのケガと引き換えに東都1部昇格に多大の貢献をした白崎勇気投手が、いよいよ復活!
今ある地位は、2部から必死にお仕上げてくれた先輩たちの犠牲の元にできたことを忘れないで、後輩さんたちも頑張ってください。
by fujiki-seki | 2013-03-13 09:08 | 2013アマオープン戦
<< 専修大対法政大 3月12日 オ... 日体大対駒澤大 3月9日 オー... >>