人気ブログランキング |
ブログトップ
ヒットエンドにゃんEX
nekoumeume.exblog.jp
2012年 12月 16日
おにゃじ “第32回 つくばマラソン”を走る ガス編
俺ガス

b0166128_12291382.jpg
11月25日午前9時29分 スタート1分前





おにゃじがランニングシューズとランニングの専門書(マラソンの教科書・池田書店)を買ったのは今年の1月13日の事だった
翌日初走りの前に体重計に乗る 78.4Kg

まずはウォーキングから入って、試しに10分走ってみた
1ヶ月もしないうちに早速整形外科の世話に・・・
しかしせっかく本まで買ったのだからと、走るのに必要な筋肉が付いてくる[補強トレーニング]を積み、徐々に走れる距離が右肩上がりに

5月には初レースの春日部大凧マラソン(ハーフマラソン)に出走して完走
さらに6月には東京喜多マラソンも、前回のタイムを縮めて完走
その頃、フルマラソンを完走した友人のAくんに勇気付けられてフルマラソン出走を決意
何時かは走りたいと思っていたようだが、走歴1年未満で大丈夫なのか・・・

6月25日につくばマラソンのフルマラソンを申し込む
人気の大会なので、パソコンの前に3時間張り付いて、なんとか出走にこぎ着ける
(この日の夕方には当然の如く締め切られていた)

7月244K 8月274K 9月276K と、暑い中、悪妻バキに文句を言われながらも早朝に走って距離を稼いでいたおにゃじ♪

10月13日には、荒川30Kでペースを刻んでの予行演習(その帰りの電車内で意識を失う事態になっていたが・・・)
21日にはタートルマラソンでハーフのタイムを更新(前年は暑さで20名以上が救急車で運ばれたそうだが、今年は無事だったよう)
11月3日 友人を訪ねるという口実で参加した福井での菊花マラソンハーフ
まさかの100分切り(菊花マラソンは人数少なく、平坦コースで、記録を狙うには最適)

初フルマラソンに備え、着実(?)に練習を重ねたおにゃじ

つくばマラソン、1週間前
禁酒スタート
一緒に禁酒しなくていいのに、妻バキも禁酒・・・一週間やっぱり不機嫌だったバキを見て、アル中か?と思った俺。
6日前から4日前まで、夜の炭水化物は無しで、野菜やら大豆やら・・・
3日前からは逆に炭水化物を食べまくって、エネルギーとなるグリコーゲンを体に満たす
走らない妻・バキもグリコーゲンを溜め込む・・・バキは冬眠前の熊のように、ひたすら蓄積♪
当日の朝食は赤飯を掻き込む
そのため体重は少し増えて62K
これは予定通り

当日はトイレの大渋滞でスタートに並んだのは3分前位も、間に合っただけよかった♪

エントリー時に予想タイムを申告するのだが、初フルながら4時間と大きく出たおにゃじ
その結果Fエリアに割り当てられた
A~Hまでの8区間で下から3番目のエリア
終わってみれば、おにゃじよりも大きくサバを読んだランナーも大勢いたようだが、俺からしたらゴール地点ではFゼッケンのおにゃじの周りにDゼッケンが多かったことは、ちょっと誇らしくもあった。

おにゃじ、初のフルマラソンの記録を記念に記録しておく♪

9時30分スタート
早歩きから徐々に集団が動き出す
Fエリアからスタートラインを踏んだのは6分41秒後

0~1K 12’41”(1K約5分56秒)
1~2K 18’25”(1K約5分44秒)
おにゃじの目標は4時間を切る事
そうなると、1K5分40秒を切って行く事が目安となる
スタート直後は、マンモス大会ならではの大渋滞
多少ストレスが溜まるのは誰しも同じ 
ここはじっと我慢で体を温めることに専心したほうがいいのでは?と提案した俺

コースの左端を通って徐々にスピードアップ
2~3K 23’40”(1K約5分16秒)
左端を走っていたため、最初の給水所は右側にあり、仕方なくパス
3~4K 28’59”(1K約5分19秒)
4~5K 34’24”(1K約5分24秒)

口の堀陸橋を左に折れて下り坂
下り坂は楽なのだが、帰りは上り坂になる事を忘れてはいけない
陸橋下を通って学園西大通に出る
片側のみ通行止めだったので、道幅は広いとはいえない
歩道を走って行く人も沢山見かけた
5~6K 39’48”(1K約5分25秒)
6~7K 45’04”(1K約5分16秒)
10時16分 バキに電話
いつもは何度鳴らしてもなかなか出ないバキが、なぜか1回鳴っただけで電話に出て、
バキ「どした!」
と、鬼気迫る声で出た
一瞬たじろぐおにゃじも
おにゃじ「あ・・・今、6キロ過ぎたよ♪」
と返答
バキ「なんかあったと思ったじゃん!(ブチっと切られる)」
と、妻に叱られるたおにゃじ。。。

7~8K 50’15”(1K約5分11秒)
8~9K 55’27”(1K約5分12秒)
9~10K 1:01’04”(1K約5分38秒)

喉の渇きを感じ始めていたので、待ち望んでいた9K地点の給水に立ち寄る

10~11K 1:06’18”(1K約5分14秒)
11~12K 1:11’26”(1K約5分09秒)
b0166128_12304788.jpg

10時42分再びバキに電話・・・案の定出ない
メールで「12」と入れておく

10時43分福井の友人Hくんに電話
おにゃじ「よ~、いま12キロ通過したよ」
Hくん「電話なんてして大丈夫なの~?」
Hくんにはユーストリームで放映がある事を伝えていた
電話を切った後Hくんからメールが届く
「頑張れ~ 今Ustream見てるの~066.gif
ありがたい友人なのだ
「了解なの~」と返信するおにゃじ

12~13K 1:16’43”(1K約5分17秒)
b0166128_1231792.jpg
b0166128_12311949.jpg

13~14K 1:22’01”(1K約5分18秒)

それほど多くは無くも、沿道の声援が途切れる事はない
一人一人の声がはっきりと耳に残る
「がんばれ~」 
    ん!?
なんとなく聞き覚えのある声
何気なく沿道を見たおにゃじは、そこに母の弟の奥さんの(40年来姉と呼んでいる)フミエさんを見つけた♪
まさかの存在におにゃじもビックリ!
フミエさんも手を振るおにゃじを認識すると驚いた風・・・ってことは、おにゃじを応援しに来たというより、ランナーを応援しに来てくれたのにゃん♪
おにゃじには、さらに大きな声で声援を送ってくれた

14~15K 1:27’09”(1K約5分08秒)
ここが最速ラップ ちょっと飛ばし気味か 自制を促す

15~16K 1:32’29”(1K約5分21秒)
b0166128_12321100.jpg

ここで緑のベストの2人が目に入った!
見つけたー!と思ったのか、おにゃじは必死にその2人に近寄っていく
それは4時間切りのためには絶対その前に行かねばならない・・・
b0166128_12321263.jpg

緑のベストは、4時間のペースメイカー
おにゃじの目標は4時間切りなのだ!
(緑のベストになんとか食らいつけ、おにゃじ~)と、俺はおにゃじに喝を入れる

しばらく後ろについてそのペースを体に覚えさせ、強気に前に出たおにゃじ・・・
ここからは1キロ5分40秒を切った秒数の積み重ねが、4時間から差し引かれる事になる
どんな事があっても5分40秒台は死守したい

17K表示見落とし
16~18K 1:42’49”(2K約10分20秒)
18~19K 1:48’14”(1K約5分25秒)

コース表を見たときから気になっていた“工藤さん宅前”給水所
普通、お店などの前が書き込まれているが、民家は珍しい♪
俺はどうしても気になって、おにゃじに立ち寄るよう指示を出す
工藤さん宅で、アンパンを手に取ったおにゃじ
アンパンは1つが確か四つ切になっていた
おにゃじの手の中には4切れのアンパン
2つほお張り、2つはポケットに入れようとしたのだ
そんなものポケットに入れたらぐちゃぐちゃになるではないか!
おにゃじはバキへのお土産にしようと・・・したようだが、馬鹿げたことだと気づき食べた
ただ・・・アンパンはつぶアン、つぶが歯に挟まって気になってるおにゃじ
爪楊枝も歯間ブラシも持っているわけ無い
普段からこしアン好きのおにゃじは少し後悔したようだが、エネルギー補給は大切

再びバキに電話
おにゃじ「工藤さん宅前のあんぱん、食べちゃったよ」
バキ「わたしのは?」
おにゃじ「切ってあったし~」
バキ「・・・わかったから、ちゃんと走ってきてよね~」
と・・・バキも状況を把握できたらしい。
いや、バキはランナーじゃないから、当然持ってきてはいけないのである。

19~20K 1:53’35”(1K約5分21秒)
折り返し地点をターン

21K表示見落とし
中間地点は1:59’39
折り返し地点が中間ではない事を知らなかった俺たち

b0166128_12324940.jpg
b0166128_1233152.jpg

20~22K 2:04’25”(2K約10分50秒)
22~23K 2:09’36”(1K約5分11秒)
b0166128_12334110.jpg
b0166128_12335047.jpg

23~24K 2:15’05”(1K約5分29秒)

公式なエイド(食べ物などのエネルギーのもと)ではない私設エイドもいくつか見かけた
テーブルを並べた大掛かりな物から、両手を広げて飴やチョコを差し出してくれる人まで・・・
ある所では腰の曲がったお婆さんが手に何か載せて、ランナーに勧めていたようだ
間近を通るまで気づかなかったので、何かも確認出来なかったのだが
おにゃじ「取って上げなくて悪かったかな~」
俺ガス「大丈夫、他の人たちが取ってくれるよ~
  それに突き飛ばしちゃったり、
     間違って入れ歯取っちゃっても大変だし・・・
ってバキなら言うよ」

24~25K 2:20’25”(1K約5分20秒)
25~26K 2:25’49”(1K約5分24秒)

再びおばのフミエさんの姿を見つけ、サングラスを外してフミエさんとハイタッチ
おにゃじの隣家の本宅に嫁いできて40年のフミエさん
人生初めてのおばとのハイタッチを交わす感動シーン♪
フミエさんのお疲れ気味の赤い手袋と、おにゃじの汗だくの100円ショップで買った指無し手袋が、不恰好に絡み合う
数メートル先には、おじさん(母の弟)も見つけた
「がんばれ~、なおじろう~」
と、応援してくれた
おにゃじの名前は“なおじろう”ではない。それどころか、おにゃじの名前とは一字も重なっていない・・・
しかし、なぜか幼少時からおじさんだけはおにゃじをなおじろうと呼ぶそうだ

これ以降は写真撮ったり、電話したりの余裕はなくなる俺達

26~27K 2:31’11”(1K約5分23秒)
27~28K 2:36’40”(1K約5分29秒)

後半に入り、おにゃじの表情に苦悶の色が・・・
足の裏が、特に左の足の裏が疼き出したようだ
膝と腿には痛みを感じないというが、大丈夫なのだろうか?

ここ3ヶ月慢性的に痛みを感じ、不安だったのが左足裏
練習時も、走ってはドライアイスで冷やし、冷シップをし、温シップもし
100円ショップで買ったボツボツのツボ刺激する足踏み、
タオルギャザー(タオルの上に素足を置いて、足裏で手繰り寄せ、筋肉を強化)もやった
痛みが強い時は走りたいのも我慢して、最も気を配っていた箇所
左の足裏・・・突かれるような痛みを訴え始めたおにゃじ

28~29K 2:42’13”(1K約5分34秒)
29~30K 2:47’49”(1K約5分36秒)
少しラップが落ち気味に
しかし止まったら二度と走れないと、厳しく鼓舞!

さあここからが未知の距離
マラソンには“35Kの壁”があると言われている
そこが一番苦しいのなら、それを乗り越えれば楽が待っているはず・・・

血糖値の低下など、身体機能が一時的に正常値を越えた事により引き起こされる脳のストップサイン
多くの人が「35Kの壁だ もう限界だ」と思い込みペースダウンしてしまうが、身体的な限界はまだ先にあると聞く
脳はストップをかけるものだという知識を持っておくだけで、ネガティブ思考にならずに頑張れるだろう

上記は「ランナーズ12月号」より引用し、事前におにゃじに言い聞かせておいた

ここからは、止めようとする脳と続けようとする意志の戦いなのだ!
 “早く来い35K!”と怯まず挑もう
後で思えば30Kを過ぎて35Kを待つ区間が精神的にはきつかったようだが、ひたすら応援するのみの俺

30~31K 2:53’19”(1K約5分30秒)
31~32K 2:58’43”(1K約5分24秒)

片側一車線のみ規制の学園東大通を南下
走行方向、向って左から北上する車の渋滞の列
運転者から見れば、忌々しいランナーの途切れる事の無い隊列
そして右に折れ、学園西大通へ

32~33K 3:04’08”(1K約5分25秒)
33~34K 3:09’50”(1K約5分43秒)

ここを最後の給地点と決めて、時間をロスしてもおにゃじにしっかり水分補給をさせる・・・俺♪

34~35K 3:15’21”(1K約5分31秒)

35Kを通過
“35Kの壁”を体感し
   「これがフルマラソンなのだ!」
と、気分が高揚してくるのを痛切に感じるおにゃじと・・・俺も♪
今この時、フルマラソンを走っていることを、その痛みと苦しさを
心から体から享受しているだろうおにゃじを、俺は感じた。

35~36K 3:20’49”(1K約5分29秒)
36~37K 3:26’21”(1K約5分32秒)

ここからは、ゴールまで残りの距離が表示されていく

残り5K表示が見えたら、自然とおにゃじの意気が上がる
足の裏の痛いというより痺れを感じるとはいうものの、あと少しなので励ます俺

5~4K 3:32’54”(1K約5分26秒)
4~3K 3:38’20”(1K約5分26秒)

おにゃじが何かに足を取られ、転倒しそうになったが、俺がバランスをとってなんとかクリア
・・・と、その後方で女性の悲鳴が!
     ・・・激しく転倒したようだ
(もしかしたら、おにゃじと同じあたりか?大丈夫だったのだろうか?)
道路上の自動車のスピードを抑制するための突起物が目に付く
後日レースレポートでこれで転んだ人が多数いた事を知った

3~2K 3:43’50”(1K約5分30秒)
2~1K 3:49’22”(1K約5分32秒)

もうすぐゴール・・・角を曲がると、バキを発見!
疲れた体に鞭打って、一生懸命手を振るおにゃじ
そんなおにゃじを見ても、なぜか不満そうなバキがカメラを下ろす
懸命に振りながら、一瞬スピードまで落とすも・・・バキの不満顔はそのまま

最後にビルドアップ
ゴールのゲートが見えてきた
サングラスを外しフィニッシュ体勢に入ったおにゃじ

他の人とゴール写真が被らないように前の人を抜かすべきか否か迷う
抜かせおにゃじ! 
抜かした♪ 
・・・と思ったら、別の人に抜かされて。。。

結局ゴール写真は単独では写れなかった

1K~ゴール 3:54’32”(1K約5分10秒)

最後まで大きくペースを落とすことなく、おにゃじが完走できたことは、俺にとって大変嬉しいことである
b0166128_12431456.jpg

グロスタイムとは、スタートの号砲からの時間
ネットタイムとは、各自がスタートラインを踏んでからの時間
ネットだけでなくグロスでも3時間台で走れた♪
練習での30Kのタイムから、4時間を切るのは机上では可能と思っていたが、実際にその通りに走れたおにゃじはよく頑張ったと思う。

ゴール後、ランナーの流れに流されながらゆっくり進むおにゃじのもとへ、妻バキが駆け寄ってきた
第一声が
「なんで手なんか振ってたのよ!」
だった・・・
写真に撮りやすいようにとスピード落とし、無事ゴールまで来れた喜びを伝えようと笑顔で懸命に手を振ったおにゃじだったが、勝負事にこだわる妻バキには(そんな暇があるならダッシュしなさいよ)という考えのようであった。

そして、毎回のことだが、上位ランナーの感動話を延々話し続ける妻に、笑顔を見せながらも全く馬耳東風のおにゃじであった

やっぱり初マラソンは大変だったようで、しばらくは下半身が痺れ切って喜びどころではなかったみたいだったが・・・
by fujiki-seki | 2012-12-16 08:53 | 2012 おにゃじ“走る”  | Comments(0)
<< おにゃじとバキ “衆議院選挙投... 俺はここ♪ byガス >>