人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ
ヒットエンドにゃんEX
nekoumeume.exblog.jp
2011年 01月 26日
東都大学巡り・・・亜細亜大編 “小坂誠を見せたい”
1月23日・・・亜細亜大グラウンドにて
 
   グラウンドの隅々に響き渡る彼等の気合の声      
東都大学巡り・・・亜細亜大編 “小坂誠を見せたい”_b0166128_1736106.jpg
これもノックと言うものなのですね♪
 
   こんにちは わたしグレ♪
本当は弟ガスが担当でしたが、毎日拝見させていただいているお気に入りのブログに誘惑され、ブログどころではなくなってしまったようで・・・
東都大学巡り・・・亜細亜大編 “小坂誠を見せたい”_b0166128_093925.jpg
(憧れのにゃんこを覗き見るガス)

今日はわたし(グレ)が、急遽担当!





家族総出で亜細亜大野球部の見学に・・・
亜細亜大のグラウンドに到着したのが、ちょうどお昼時・・・東浜さんや松田さんの投球を少々見学できましたが、選手のいないグラウンドはとても静かでした。
12時45分頃になると、選手達がぞくぞくグラウンドに出てこられました。
選手達の姿を見つけたガスは、『どんな練習するのかにゃ~?』とワクワク♪
わたしは『きっとハードな練習よ♪』というと、
飼い主バキは『そうは言っても大学だからね~・・・ひとりのノック時間で考えるとたいしたことないんじゃない』と・・・
しかし、ノックが終了したころには、『この時期にもうこんな練習~♪』と言いながら、バキの目はハートマークになっておりました♪
 
 
        =  初めて見たノック =
 
戻ってきた選手達は、練習準備に取り掛かります
1塁線後ろの5箇所にネットを置き、
東都大学巡り・・・亜細亜大編 “小坂誠を見せたい”_b0166128_1883536.jpg
そこからノッカーたちがノックをするようです

選手も5人一組で5箇所に分かれ、ノックを受けるようです
東都大学巡り・・・亜細亜大編 “小坂誠を見せたい”_b0166128_1891880.jpg
 
ノッカーから選手達の距離は、ホームからショートが一番深めに守った時くらいの距離です
 
1時にノックがスタートしました

ノッカーは試合で言うとボテボテ気味のゴロを打ちます
打球に対し、前進ダッシュで捕りに行くのかと思いきや、その前にやることが!
向こう3箇所のグループは、まず『1、2、3、4、5』と声を出しながら、
東都大学巡り・・・亜細亜大編 “小坂誠を見せたい”_b0166128_18335210.jpg
捕球するときのようにグラブを差し出し、腰を落として(お相撲さんがしこを踏むような姿)横に移動します。
東都大学巡り・・・亜細亜大編 “小坂誠を見せたい”_b0166128_1834662.jpg



そしてそこから転がってくるゴロに対し猛烈なダッシュで突っ込んで行き、捕球します。
東都大学巡り・・・亜細亜大編 “小坂誠を見せたい”_b0166128_1835327.jpg
東都大学巡り・・・亜細亜大編 “小坂誠を見せたい”_b0166128_183511100.jpg


捕球と同時にまるで試合の時のような力の入った速い送球を、
東都大学巡り・・・亜細亜大編 “小坂誠を見せたい”_b0166128_1837726.jpg
ノッカーの横に置かれていたネットの中心めがけて投げ込みます。

手前2箇所では、前に腰を落としながら掛け声と共に『1・2・3・4・5』と進み、ゴロを捕球する際
『1(捕る)・2(送球の構え)・3(送球)~!』とリズミカルに・・・
東都大学巡り・・・亜細亜大編 “小坂誠を見せたい”_b0166128_18385036.jpg
東都大学巡り・・・亜細亜大編 “小坂誠を見せたい”_b0166128_1839447.jpg
東都大学巡り・・・亜細亜大編 “小坂誠を見せたい”_b0166128_18391416.jpg

 
このノックは素人のわたしから見た限り、捕球・送球・そして下半身の強化が伺えます。
 
実は昨年後半に行なわれた亜細亜のオープン戦の際、その前後での練習も見学しましたが、それなりに凄かったのですが、選手自体の実力というものに疑問を感じておりました。
中にはゴロが全く捕球できず、必死に体で押さえ込んでいたり、送球がすべてハチャメチャだったり・・・気合だけで練習されていたイメージがあります。
 
しかし、この日のノックを拝見すると、そのスピードに遅れることなく付いていっておりました。
 
隣のブルペンの監督さんから、時折指示が飛びます。
そして途中で監督さんが内野に・・・静かな口調で
 
   『2ステップはもうなしだね・・・2ステップはやり直し』と
 
それを聞いたバキはすかさず
『どこかのプロのショート、毎回やり直しになるね~(笑)』と・・・小声で

そして監督さんは、捕球に関して短くも的確に実際ご自分でされながら指導
☆捕って引きつけ素早く投げる 
東都大学巡り・・・亜細亜大編 “小坂誠を見せたい”_b0166128_18571260.jpg
東都大学巡り・・・亜細亜大編 “小坂誠を見せたい”_b0166128_18572439.jpg
         

☆逆シングルでなければいけないときは、一番強いとこを使って・・・小指が外上になると打球に対して弱い。親指が下になると弾かれにくく強く止められる。
(逆シングルの2パターンの形を見せて説明・・・なぜそうなるのか理由がわかると何でも納得の行くものです。)

☆内野フライはこの位置(実際見せて、みんなに真似て・・・理由も話されてました)
東都大学巡り・・・亜細亜大編 “小坂誠を見せたい”_b0166128_18574325.jpg

 
バキがボソボソ『逆シングルの理屈わかりやす~、内野フライの捕り方ってのもあるんだ~。』と感心し捲くり 

1時16分になると、一気にトンボが持ち出されトンボ賭け
今までこんにゃトンボ賭け見たことありませんでした!   
東都大学巡り・・・亜細亜大編 “小坂誠を見せたい”_b0166128_1903738.jpg
速い!速すぎる!!!でも手は抜いてません!
ノッカーは『さあ、こうたーい(交代)!』と言ったと同時に、『整備急げー!』と・・・凄い速さの整備なのに。
 
1分もしないうちに再びノック再開・・・ノックの位置をとなりに1個ずれて始めます
いったいどれくらいの間隔でノックを受けているのかしら?と思って測ってみると
    ひとりに対し、30秒に1本のペース!
 
一番手前のノッカーの掛け声がわたしの位置からよく聞こえるのですが
『半身だぞー!』とか『リズムがおかしい』とか、『足の運びが良いぞー!』と、一人ひとりにチェックをいれ指導
わかりやすく頷ける指導に感心♪
 
1時29分過ぎると、再びスピーディーなトンボ賭け
そして1時30分ノック開始!
 
監督の指導の声が飛んだ
 
☆エラーしてもいいから、とって素早く投げる
☆かかとから前に行くところを、ブレーキ掛けてる人がいる。ブレーキ掛けないように・・・
☆肩を振っちゃダメ。肩を静止して投げる!
☆しっかり捕ったら足を出して行け。頭からいくな!
 
こんな指導の声を聞き、またしてもバキが毒舌を吐いてました。
『2ステップ以上で肩振って投げてるのがプロのゴールデングラブだから・・・生田監督に知られたら笑われるね』
と・・・わたしは生田監督より、選手達に知られたくにゃいです。
 
1時45分過ぎ、ノックが一旦終了したグループからトンボ掛けが始まります

1時46分再びノックが始まります
 
そろそろ疲れが見られる中、ノッカーの注意が飛びます
   『体重移動しっかり!』

1時58分・・・『ラストひと回りー』と
1時59分・・・『交代!』
   え?ラストじゃないの? 

2時再びノックが始まりました
   バキ曰く『動きが止まってない!若いよね~♪』
感心しているところにズレを感じたけど、凄い体力だとはわたしも思いました。
体力って言うより、気力かも♪
声はずっと出てるからまた凄い!
 
2時17分 終了~ 
 
15分置き位に30秒のトンボ掛けが入る、1時間15分の連続ノック
 
この後軽く走っておしまいかにゃ?って思ったら・・・
休む暇なくいろんなネットやグッヅが持ち出され、2時30分から打撃練習に突入!
 

東都大学巡り・・・亜細亜大編 “小坂誠を見せたい”_b0166128_19454918.jpg
たった一日で捕球・送球がここまで上手くなるとは・・・と感じるくらいわたしの目にも選手達の急激な成長を間近の見て、楽しい思いをさせていただきました。

毒舌が更に増したバキが
『この中にヨッシー(ロッテの吉田さん)を入れてみたい♪』
などと、訳のわからないことを言っていました。

それまで静かに見ていたおにゃじが、
『生田監督に、いや亜細亜の子達に誠(小坂誠)の守備を見せたい・・・きっと喜んでもらえる気がする』と・・・


    打撃練習は次に・・・

にほんブログ村 野球ブログ 大学野球へ
by fujiki-seki | 2011-01-26 00:12 | 2011東都大学を訪ねて
<< 東都大学巡り・・・亜細亜大編 ... 東都大学巡り・・・亜細亜大編 ... >>