人気ブログランキング |
ブログトップ
ヒットエンドにゃんEX
nekoumeume.exblog.jp
2009年 09月 22日
 9月17日 東都大学野球 中央大対立正大

b0166128_1433427.jpg

 
 1勝1敗で迎えた9月17日の3戦目
 まだ勝点をあげていない中央大と、すでに勝点1がある立正大
この日の試合は、意地でも勝点をあげたい中央大が、体を張ってせめて行き、捕手の椎名さんがターゲットにされました。
 
b0166128_14234863.jpg
     試合結果  中央大7対2立正大
詳しくは下記をクリックしてください。




 
スタメン  
中央大
1 [4] 西銘 (沖縄尚学)
2 [8] 杉沼 (秋田中央)
3 [D] 村山(雄) (桐光学園)
HD 志田 (静岡市立)
4 [3] 井上 (崇徳)
R 広瀬 (関東第一)
3 岡部 (宗徳)
5 [2] 鮫島 (鹿児島工業)
6 [7] 久保田 (静岡)
H 林田 (日向)
7 山際 (東邦)
7 [5] 美馬 (北海)
8 [9] 板井 (北海)
9 [6] 遠藤 (駒場学園)
P・澤村(佐野日大) 上松(酒田南)

立正大
1 [4] 黒葛原 (横浜)
2 [6] 高橋(翔) (日大三)
6 早見 (平塚学園)
3 [8] 赤堀 (掛川西)
4 [3] 近藤(亮) (大宮西)
5 [9] 越前 (横浜)
6 [D] 大井 (新居浜東)
7 [7] 荒木 (東大阪柏原)
H 樋口 (静岡)
R7 中井 (千葉敬愛)
H 神野 (埼玉栄)
7 加藤(信) (東北)
8 [2] 椎名 (銚子商業)
9 [5] 中嶋 (銚子商業)
P・小石(鶴崎工業) 菅井(中央学院) 木田(宇治山田商)
 
  先攻・中央大  後攻・立正大 
 
1回表 マウンドには立正の小石投手があがられます
実は前日も先発で出ていらっしゃるので、てっきり菅井投手辺りが先発かと・・・
 
b0166128_14482719.jpg
  1番西銘さん初球を叩きレフトにヒット
勝たなければならない中央は、すかさずバントで進めます
そして進塁打で3塁
4番最強打者井上さん、ギリギリを突いての納得の四球・・・冷静な判断だと思います。
ランナー1・3塁で、5番鮫島さんの打球はライトに・・・
b0166128_14483863.jpg
ライトは佐藤賢治さんと同級だったなかなかお上手な越前さんがキャッチ!
俊足のセンター赤堀さんのカバーは、この日も速いです
 
 
1回裏 マウンドには当然澤村投手があがります
 
力で押していく投球だった1試合目より、少し抜く球も交え工夫を感じました
サードゴロに、149Kの後、ちょっぴり抜いた130Kで三振を取ります
b0166128_14555312.jpg
  3番赤堀さんは、左中間に・・・
b0166128_1456755.jpg
   センターチャレンジするも捕球できず
b0166128_14561938.jpg
    俊足でもある赤堀さん、盗塁も決めます

b0166128_14573837.jpg
   しかし、近藤さん150Kを見逃し三振!
 
 
2回表 1アウトを取るも、制球定まらず7番美馬さんにストレートの四球を出します。
1アウトランナー1塁で、バントが気になるらしいのですが、立正大や亜細亜大なら1アウトでもバントをさせますが、中央はどちらかといったら強攻するタイプです。
バントはしにゃいだろうと・・・
   8番板井さん、バントの構えで十分野手を前目に来させた後
b0166128_1574766.jpg
   バスター・・・ショートへの内野安打

 
ランナー1・2塁で打席には9番遠藤さん・・・この方、打撃が強くない分、死球狙いが多く、『やはり塁に出るには』ということを中心に考えられているのでしょう。本来、相手チームはそれをデータでわかっているのですから、打ち取ることを考えるだけでなく、死球に気をつけなければなりません。
   やっぱり死球で出塁
立正の投手陣は良い投手が揃っているのに、なぜか出し惜しみに見えます。
お怪我か何かで、じつは出せないってこともあるのかと思いましたが、そのような感じは受けませんでした。
満塁で、当たっている1番西銘さん
 0-1から高めのボール球をファールに
b0166128_15172921.jpg
  すると、監督さんがタイムを取り“おいでおいで”って・・・
   そして、何か指示?いやサイン見落としだったようです。
(頭をコツンって優しく叩かれ、西銘さんお茶目に“えへ012.gif”って)
b0166128_15171825.jpg
そして2-1の後の4球目を叩き、前進守備のセカンド横を抜いて2点タイムリー
 
尚もランナー2・3塁・・・そこそこ良い投手が揃っている立正なのに、なぜか出し惜しみ?
小石投手の球は、素人目に見ても制球が定まらず、伸びもありません。テンポも良くないので野手も守り辛くなってきます。
2番杉沼さんは、1打席目は送りバント、この打席では犠牲フライ・・・2番の役割をよく理解されています
この時のセンターへの犠牲フライは、なんとか大丈夫かもって飛距離だと思ったのですが、センター赤堀さんの送球がよく
  クロスプレーに
  このときの遠藤さんのスライディングが
b0166128_15281555.jpg
   恐怖の戦国スライディング!
b0166128_15282694.jpg
立正の捕手椎名さん、捕球してタッチしに行ったのに、体当たりでボールを放してしまいました

b0166128_15284073.jpg
セーフとなり、立ち上がると脇か足を痛められたらしく、かなり苦しまれてました。
b0166128_15285219.jpg
どうしようもなくなって、リードどころではなかったようです

ランナー3塁に置いて、ショートゴロ・・・のはずが、悪送球で失点
b0166128_21224178.jpg
b0166128_21225394.jpg
そして、1塁にランナーを置いて、左中間手前辺りに落ちて、その後の処理が・・・
  1塁ランナー走って走って
b0166128_2123564.jpg
b0166128_21231529.jpg
     ホームクロスプレー

  体の痛いはずの椎名捕手
    ここは痛さを堪え、きっちりブロック!
しかし、かなり痛かったのでしょう。アウトと共に急いでベンチに戻り、急いで治療に入られたようです。
 
もともと守備がお上手でない方のエラーならまだしも、そうでない方がエラー
よく投手のリズムが悪いと、野手も守りにくいようなことを聞きますが、このときそんな感じが致しました。
 
 
3回表 結局小石投手から菅井投手に交代
投手が少ないなら仕方ないのですが、良い投手が揃っているのに出し惜しみすることで、大差をつけられ、そんな中でテンションをあげての投球は、本当に大変だと・・・もう1点も許せないのですもの。
 
菅井投手の魅力は、何と言っても打者の心理を読んでの投球術・・・きっと普段から、人の仕草など見ていろんなことを考えられているのかもしれません。
打てそうで打てない、繊細な投球術です
 
先頭の鮫島さんに、
 初球を叩かれショート横を抜けるヒットゴロ
 
しかし、次は初球バントの構えでストライクを見逃します。
その見逃し方を見て、
b0166128_2141654.jpg
  外低目を引っ掛けさせてショートゴロ
ただ、エンドランだったので2塁に進塁
1アウトランナー2塁で
b0166128_214121100.jpg
    美馬さんを見逃し三振に!
 打てそうでなぜか手が出ない菅井さんの球♪ 
次の打者は、前打席で内野安打を打ってる板井さんで、板井さんの次が体は張るけど打撃が苦手な遠藤さん・・・菅井さんは、どっからどう見ても板井さんに当てました!
死球ですが、わたしはこの時、菅井さんは四球より死球を選んだ気がしました・・・一球で済みますもの。
 
b0166128_2313274.jpg
   そして、予定通り(?)詰まらせてファーストフライ 
 
 
3回裏 
   先頭の9番中嶋さんが、ライトに2塁打
そして黒葛原さんがショート内野安打で1・2塁
 
 2番高橋さんの打席
バントの構えです!初球、2球目、3球とすべてボール球、そして4球目はストライク・・・そうなるとほとんどが、バントの上手い立正ですので、地面に這うような球でもバントをしてきます、今までは!
 
それを逆手に取るかのように、高橋さんはバントする気満々な振りをし、ギリギリでバットを引き、四球を選びました。
b0166128_2391110.jpg
   バントの、それも作戦でここまで
        感動させてくれるニャンて!!!

 
ついに、ノーアウト満塁です
 
  打席には、立正大の自慢の赤堀さん
b0166128_23141740.jpg
  打球は、ライナーで澤田投手のミットの中へ・・・
ランナー飛出していたセカンドへ、澤田さんから素早い送球
b0166128_23143749.jpg
  ・・・しかし、軌道はなんの乱れもないのに、捕球できず!

あまりにも、澤田さんからの送球が速すぎて捕球できなかっただけです。
 
この間にホームイン
 
そして、1アウトランナー1・3塁・・・押せ押せムードです!
 
2-2になった時、急にベンチから立正の監督さんが出てこられました。そしてにゃにか・・・
b0166128_231982.jpg
1アウトランナー3塁なので、スクイズかニャ?それともフルスイングせず、逆方向狙いで犠牲フライ?そんな指示を思い浮かべると
b0166128_23191832.jpg
フルスイングの三振・・・それも、状況的にボール球の確率が高いのに002.gif
監督さん、いったいにゃにを伝えたのでしょう?
 
 
6回表 5回まで、菅井投手の小宮山投手張りの投球で相手の打者を翻弄
 
しかし、いつものことですが、ランナー3塁も2アウト・・・打ち取ったはずの当たりが、不幸にもポテンヒット。しかし、正直エラーがつかないエラーと言って良いかもしれません。
 
1失点し、その後走られまくり、何かが切れた菅井投手・・・ここから連打を浴び収拾つかなくなりました。
 
亜細亜や青学、それこそ東洋の野球と違い、たった1点が命取りの野球をしてきた立教です。今シーズン打撃が好調と言っても、今までのことが頭をよぎる投手陣・・・
 
 
9回裏 
   最後にこの日いっぱい痛い思いをされた椎名捕手
b0166128_233447.jpg
b0166128_23341429.jpg
    0-2からレフトにHR
066.gif
  
     
この試合で、一番感じたことは、あまりにも今まで、エラーが多く打てなかったので、たった1失点しただけで、投手陣は諦めるしかなかったことが、身についてしまった恐ろしさ
  監督さんは、もっと強いチームなんだと
          選手の方々にいってあげてほしいニャン!

 
にほんブログ村 野球ブログ 大学野球へ
by fujiki-seki | 2009-09-22 00:06 | 2009秋 東都大学野球Ⅱ | Comments(0)
<< 9月22日 シリウス(ロッテ&... 9月16日 東都大学野球 國... >>