ブログトップ
ヒットエンドにゃんEX
nekoumeume.exblog.jp
2009年 05月 26日
 5月23日 東京六大学野球 東大対立教
 
   俺ガス(サバトラの猫)
 
東大の試合を見るのはただ勝ち試合を見てみたいから・・・

b0166128_2230439.jpg
   試合結果 東大0対10立教
詳しくは下記の試合の詳細をクリックしてください





この日の第二試合は優勝のかかった法政対明治の熱戦の後ひっそりとプレーボール

 
2回表(東)
b0166128_22305959.jpg
4番の内海翔太くん(2年土浦一)がサードの前に絶妙のバント
b0166128_2231911.jpg
       必死に走って内野安打に

送りバントと四球で1死1,2塁で7番堀口泰幹くん(3年高崎)のボテボテのゴロは立教のサードが1塁に投げられず内野安打に・・・ところが2塁走者の内海くんが三塁を大きく回ってとび出してしまいタッチアウト。
 
この後三振で無得点。いつものことだが、走塁ミスでチャンスを潰す。
 

2回裏(立)
先頭岡崎くんがショートゴロ
東大のショート濱田くん難しいバウンドのゴロを良く取ったなと思ったのも束の間、1塁へ大暴投。

1死後、またもやショートゴロ。今度は丁寧に送球も1塁手がポロリ008.gif

1死1,3塁となり8番前田雄気くん(3年米子西)がレフトへ犠牲フライを打ち上げ立教が1点先制
 

3回表(東)
b0166128_223336.jpg
2番鬼原崇くん(3年栄光学園)がライト前にヒット
    この後盗塁も決めるが得点には至らず

 
4回表(東)
b0166128_22333453.jpg
1死から5番の秋末康佑くん(4年浅野)がセンター前ヒットで出塁
しかし牽制球に飛び出しアウト!またも走塁ミスで・・・

  
   一気に試合が壊れた4回裏
4回裏(立)
ここまではまだ1点差で東大の方がヒ、ットも出ていたので好試合を期待していたのだが、簡単に2つのアウトを取ってから・・・

6番末藤一樹くん(4年東邦)がセンターの左にヒット。そして二塁へ盗塁。このときキャッチャーの2塁への送球が大暴投となりランナーは三塁へ。そして四球で1,3塁。

b0166128_22345088.jpg
  8番前田雄くんがレフト前タイムリーヒット

9番戸村くんがショートへの内野安打を打って満塁となった所で、東大は投手交代揚場くんに

しかい1番田中宗くんに押し出しの四球を与えると、
b0166128_22355460.jpg
2番浅田麗太くん(3年星陵)はセンターへ2点タイムリーヒット

ここで3番手和田くんに投手交代。和田くんはいきなり2つの四球でまたまた押し出し、この回2死走者なしから5得点・・・

どうやら東大の勝ち試合はこの日は見られそうにも無い・・・というより、勝つ気どころか試合を終らせるので精一杯。翌日も0対18だった。
 

    こんな東大だが、光る存在もいる
東大のレフトに入っている古垣弘人くん(4年開成)
彼は小学生の時に「東大で野球がやりたい」という思いで東大合格者全国一の開成中学に入ろうと決意し、猛勉強で合格をつかみ取った。
中学は軟式野球部、高校から本格的に硬式野球を始めた。攻撃型の2番打者として活躍。3年夏の東東京大会では、同校初のベスト16入りを果たし大きな話題を呼んだ。
その間も東大へ行くために早朝から受験勉強を怠らなかった。

持ち味は足と守備。50M6秒1の足を活かした守備範囲の広さと、キャッチングに磨きをかけている。
ボールの落下地点へ余裕を持って入るために、ライバルチームの研究にも余念がない。

『球種や選手のクセとか、打球が上がったら必ず捕れるように研究し尽くしたいんです』 (以上『カレッジベースヒーローズ』から抜粋要約)

こんな弱小東大野球部の外野手でも、日々努力している事をどこかのプロ野球チームにも知って欲しい!
この試合の古垣くんの守備

b0166128_22423395.jpg
   2回大きい打球をバックしてキャッチ

b0166128_22424762.jpg
 3回レフト線上のフライに素早く落下地点に入ってキャッチ

b0166128_2243448.jpg
  5回左中間のフライ帽子をとばしてランニングキャッチ

b0166128_22431856.jpg
  6回ファールフライをネット際まで追ってキャッチ

 
      
b0166128_22434232.jpg
        そして東大応援団

にほんブログ村 野球ブログ 大学野球へ
[PR]
by fujiki-seki | 2009-05-26 22:50 | 2009春東京六大学野球Ⅱ | Comments(0)
<<  5月24日 東京六大学野球 ... 5月23日 東京六大学野球 ... >>