ブログトップ
ヒットエンドにゃんEX
nekoumeume.exblog.jp
2009年 05月 20日
 5月18日 東京六大学野球 明治対早稲田
  
  俺ガス(サバトラ猫)

b0166128_11242540.jpg
       明治大応援団
 
b0166128_11244664.jpg
      試合結果 明治2対4早稲田


この日明治は早稲田に負けて勝点をあげる事はできなかった
  優勝は法政か明治 今週末の直接対決にて

  法政が勝点・・・法政の優勝
  明治が2勝0敗で勝点・・・明治の優勝
  明治が2勝1敗で勝点・・・優勝決定戦

  
ということになった・・・俺としては最後の優勝決定戦まで行ったら面白いのににゃ~と思っている。

 下記の試合の詳細をクリックしてください




  

b0166128_11252731.jpg
   明治の先発は森田貴之(2年大垣日大)

b0166128_11254261.jpg
   早稲田の先発は福井優也(3年済美)

  
1,2回は両投手とも無難な立ち上がりで各回三人で打ち取る

2回裏(早)
   明治のショート上本崇司(1年広陵)の
b0166128_11265683.jpg
センスを感じさせる軽快なフィールディング

  
     
3回表(明)
前日の明治は送りバント・盗塁・スクイズ等で、効果的に得点に繋がり、1点を小刻みに重ねていく鮮やかな攻撃で勝利を収めた。
    この試合の先制点もその流れで・・・

四球で出塁の走者を上本くんがバントで送って2死後

1番山内慎之介(4年沖縄尚学)くんの2-1からの148Kの球に審判の手は上がらず、早稲田バッテリーはがっくり
   
b0166128_11291711.jpg
       そして次の球を山内くんはライト線に
             明治効率よく1安打で先制して

  
    
     = 守備の乱れから・・・ =
3回裏(早)
1死後、8番この日試合前のアクシデントで杉山くんに代わり急遽スタメン捕手となった市丸大介くん(2年佐賀北)が2-3から四球で出塁

9番福井くんの送りバントはピッチャーの森田くんがボールを捕り、
b0166128_11305822.jpg
b0166128_11311853.jpg
             捕手の指示で2塁に送球・・・

しかしこれが悪送球となり、ボールが外野に行く間にランナーは3塁に。無死1、3塁。

  1番小島宏輝くん(4年愛工大名電)は
b0166128_11315522.jpg
        投手と一塁手の間に絶妙のバント

  
3塁ランナーがハーフウェイからボールの転がる位置を見届けてからスタートして、1対1の同点
b0166128_11335746.jpg
ボールを拾った一塁手が一塁に入った二塁手への送球がそれ小島くんもセーフ

1死後、
   3番土生翔平くん(2年広陵)は
b0166128_1135810.jpg
b0166128_11351929.jpg
       二遊間を破っていくヒットで2対1と勝ち越し

そしてこれが早稲田の初ヒット
さらにバックホームの送球の間にランナーそれぞれ進塁して1死2,3塁に

 4番山田敏貴くん(3年早稲田実)は
b0166128_11355781.jpg
b0166128_11362160.jpg
  センター前タイムリーヒットでさらに2点追加、4対1に


次の打者にもヒットを打たれたところで先発の森田くんは降板した

4回表(明)
 先頭の3番謝敷正吾くん(3年大阪桐蔭)が
b0166128_11371377.jpg
           レフト線にヒット


4番小道順平(4年二松学舎大付)くんが2-3からファール3つ粘り四球を選ぶ。5番多田くんが送って1死2,3塁のチャンスに、三振、ショートゴロで無得点。早稲田先発の福井くんが踏ん張る。

4回裏(早)
  右中間を抜けそうな打球をセンターを
b0166128_1138218.jpg
     荒木郁也(3年日大三)くんが必死にキャッチ

  
荒木くんは本来内野手で、今春から外野守備についているそうだ。
打球の追い方はまだまだ危ういのだが、俊足を活かしてこの日は懸命に球を追っていた。
練習を積んで秋には守備範囲の広い外野手に育って欲しい。
  

5回表(明)
b0166128_1139044.jpg
8番上本くんがセカンドを越えていくライト前ヒット
 
次の隈部くんの送りバントを三塁手がお手玉して無死1,2塁。
    
b0166128_11402690.jpg
    ここで1番山内くんの送りバントは小フライとなって・・・

b0166128_11405158.jpg
  早稲田の捕手市丸くんが必死に追って(審判も必死に走って)

b0166128_11411130.jpg
       なんとキャッチのファインプレー
038.gif038.gif038.gif
  まさかこんな小フライをここまで追うとは・・・感動!
  
2番遠山くんは痛くない死球(そのように当たっていったような・・・)で1死満塁

しかし3番謝敷くんが三振。
4番小道くんは2-3からの高めのボールを見送って1塁に歩きかけるも主審はストライクのコールで見逃しの三振に・・・
3点負けていて2死満塁カウント2-3の場面。4番打者として振っていって欲しかったと思う。

5回裏(早)
2死1塁で
  松永くんのレフト方向への大飛球にレフトの多田くんにピントを合わせていたら
b0166128_114514.jpg
        センターの荒木くんが突如現れキャッチ!

まだ守備範囲がわかっていないので、必死にどこまでも追っかけちゃう荒木くん

  
6回裏(早)
2死1塁で
  ショートへの深いゴロを捌く上本くん
b0166128_11471672.jpg
b0166128_11473719.jpg
      この体勢からの1塁送球も的確だった

  

8回表(明)
  この回先頭の3番謝敷くんが
b0166128_11483548.jpg
    サードの右を抜けていくヒット


1死後、
b0166128_11491265.jpg
5番多田隼仁(4年日大三)くんのセンター前ヒットで1,3塁に

6番荒木くんのファースト正面の強いゴロ。1塁手が1塁を踏んでから2塁へ送球

b0166128_115037.jpg
タッチプレーとなる2塁、これが間に合わずセーフで明治2点目

7番安田亮太(4年PL学園)くんがレフト前ヒットで繋ぐが得点には至らず
   

9回も四球のランナーを出すが
b0166128_11503911.jpg
 早稲田の大石達也くん(3年福岡大大濠)が抑えて試合終了
 
途中出場の、捕手・市丸くんのリードは初めてみたが、また見てみた捕手であった。
  
  
できればこの日勝って勝点・勝率ともに法政大に並んでおきたかった明治大であった

にほんブログ村 野球ブログ 大学野球へ
[PR]
by fujiki-seki | 2009-05-20 09:00 | 2009春東京六大学野球Ⅱ | Comments(0)
<<  5月19日 交流戦 マリーン...  5月17日 東京六大学野球 ... >>