ブログトップ
ヒットエンドにゃんEX
nekoumeume.exblog.jp
2011年 05月 07日 ( 1 )
2011年 05月 07日
5月6日 イースタン 巨人対ロッテ
   俺ガス
試合は負けちゃったけど、みんな元気そうでよかったと気分よく帰宅。
その夜、飼い主バキとおにゃじは、日本通運のエースだった西武の牧田投手の勝利に社会人野球に光が差し込んだと喜んでいたのだが・・・
一夜明けるとバキが不機嫌になっていた。
それは・・・

1年生に翻弄され3三振…山崎「マナー違反。100年早いよ」
パ・リーグ 楽天0―2西武 (5月6日 Kスタ宮城)

 西武のドラフト2位ルーキー牧田に6安打完封でプロ初勝利を許した楽天。星野監督は今季初めて試合後の会見を拒否し、田淵ヘッド兼打撃コーチは「球を散らしてくるというより、ストライク率が高い。特に初球のストライク率が高いから、そこを狙っていかないといけない」と振り返った。

 4番・山崎は3三振を含む4打数無安打に終わった。先頭打者として迎えた7回には、走者がいないにもかかわらずクイックで投じたルーキーの前に空振り三振。プロ25年目のベテランは「1年生のくせにあんなの使いやがって。あうんの呼吸を無視したクイックをするのはマナー違反。100年早いよ」と憤慨していた。


上記の記事を見たバキがカチン!っときたらしい・・・
(いや、デイリーの記事の発言の方がカチンときたらしい・・・記事 )

『1年生のくせにって、失礼な言い分だー!いままで社会人で肩身の狭い思いしながらここまでやっときたのに・・・マナー違反というなら、
公のテレビである審判を名指しで批判したり、試合中に主審を恫喝したり
・・・それこそ失礼な話だ!』
と。。。

プロの世界は社会人出身者をこんな風に言うなんて・・・厳しくって大変なんだにゃ~
(元ロッテの堀幸一氏なんか、強いものに媚びへつらい弱いものに強く出るようなことをされない方なので、こんなことは言わないだろうにゃ~ってことは、プロの世界だからって訳でもないか)
浦和で後輩を褒めながらプレーをしていた、大好きな堀幸一氏を思い出してしまった・・・

5月6日 イースタンリーグ ロッテ浦和球場にて

9回表、巨人が2点リードも2死1,2塁
小池くんの打球はライトへ、グングン伸びていく
しかしそこには・・・
b0166128_8551450.jpg
    捕るな~、工藤~

  試合の詳細
[PR]
by fujiki-seki | 2011-05-07 12:47 | 2011ファーム観戦記Ⅰ | Comments(10)