ブログトップ
ヒットエンドにゃんEX
nekoumeume.exblog.jp
2018年 01月 15日
おコタの中の安心感♪
猫嫌いが治ったサビトラのわび 
b0166128_22032061.jpg

俺、信用されてるかも♪



俺ガス(サバトラの猫)
b0166128_22003999.jpg
我が家の猫事情が変わったのは
保護して3年の老猫わびが
腎臓病のステージ4と診断された日から・・・

飼い主バキが、
弱った体を抱え
シリンジという食事補助器を
わびの口に押し込み
無理やり食事を流し込む

そんな姿を目の当たりにし
いつしかにゃんこの輪ができた我が家

以前は、わびが俺の側を通過する際
なぜか俺は猫パンチを食らっていた
それだけではない
俺専用のベッドも、いつしかわびのものに・・・

しかし昨年末、急に体調不良に陥ったわび
行きつけの病院も、獣医さん自身がご病気で
内情はまるまる他の病院になってしまったため
わびの保護された時の状態もいきさつも
そして性格も一から説明

診断以前に、生き物への考えの違いから
飼い主は急遽他の病院を探した

我が家にとって最善の病院を見つけることができた

ただし・・・
俺自身の病気も判明!

命短し〝わび”は
自らそれを知るのか知らぬのか?
猫嫌いだったわびが、
おれたちと一緒に居ることを嫌がらなくなった

おコタに入る 
b0166128_22040293.jpg
『お邪魔しま~す♪』

俺は争いが嫌いだ

そっと寝場所をさぐる
b0166128_22062743.jpg
年を重ねると、肌でお互いを感じるのか
わびは以前のように、俺を叩かなくなり 
b0166128_22074289.jpg
何事もなかったように受け入れた

人間界にとって、おコタ内の平和は
微々たる幸せに見えるかもしれないが
命短しわびには安心の場なのかもしれない

幸せとは何ぞや?
b0166128_22105136.jpg
そんなことを自らに問いかけながら
わびの背に頭をもたげた俺・・・

[PR]
by fujiki-seki | 2018-01-15 08:00 | 猫だって歳をとる | Comments(0)
<< 怪獣酒場 川崎店 心身ともに癒... 俺、ステージ3の腎臓病 >>