ブログトップ
ヒットエンドにゃんEX
nekoumeume.exblog.jp
2017年 03月 18日
稲田防衛大臣のおかげ?
俺ガス(サバトラの猫)
b0166128_905144.jpg
なぜピンポイントで優遇?
と、憤りの波が次から次へと湧いてくる
加計学園問題&森友学園問題

好きか嫌いかで、守るか切り捨てるか決める首相
その意向からか、地上波でも森友学園は報道するも、
加計学園問題はからっきし流されていないし、
逆に隠そうという雰囲気さえ感じる

加計学園ほどの徹底した隠し方はないが
南スーダン派遣施設隊の日報、
一度は破棄したため存在しないとされたものが
再調査によって存在が確認された

というニュースも、WBCのニュースほどの十分な時間もとらず深堀せず・・・



愛国を前面に出す首相の元、公の場で

国民の生活が第一なんて政治は、
私は間違ってると思います
いま私たちが生きているのは
私たちの今の生活だけが大切なんじゃなくて
先人から引き継いできた大切なものを
私たちの子孫に引き継いでいく
その責任を果たすのが、
政治家の役割だと思っております。


と語った人間を育てるためにと現在防衛大臣にした首相

そんな防衛大臣がついポロッと言われたことは
「事実行為としての殺傷行為はあったが、
憲法9条上の問題になる言葉は使うべきではないことから、
武力衝突という言葉を使っている」
と・・・

なぜ熱く愛国心を口にするのに、
南スーダンの前線で命がけで仕事をしている自衛隊の現状を隠すのか
包み隠さず伝えねば!

戦闘地域には派遣せずといいながら
実際は戦闘地域に派遣させた自衛隊隊員

俺がもし南スーダンの自衛隊隊員だったら、
そりゃあ、命がけの記録でもある日報を破棄なんかありえない!

俺は思う
熊本の震災で自衛隊は炊き出しをした
温かいものを被災者が食し、自らは冷たいものを食す。
自衛隊の活動を見て、大変だな~、ありがたいな~と思ったが、
そんな災害とは全く違う南スーダンの現状

南スーダンでの自衛隊の死者は出ていないが、自殺者が出ているそうだ
俺の勝手な想像だが、自殺者だって問題だが、
本当に自殺者なのか?
戦闘で命を落としてしまったのでは?とつい勘ぐってしまう

今俺が愛国心を声高らかに謳っていいと思うのは
〝現場で活動している自衛隊隊員”
こそだと思う

今まで南スーダン問題を正直詳しく知らなかった
しかし今回、稲田大臣のおかげで知らなすぎた自分を恥じ、
猫だが、猫なりにしっかり考えねばと・・・

そして、今からでも遅くない
南スーダンでの自衛隊隊員の活動をどこかちゃんと国民に伝えてほしい
衝突なのか戦闘なのか・・・どちらにしても命がけ! 
多くの死を目の当たりにしながら平常心を保たねばならぬなんて
b0166128_952960.jpg
俺ならすぐに心が壊れてしまいそうだ

稲田大臣の言葉に
〝先人から引き継いできた大切なものを
私たちの子孫に引き継いでいく”
とあった
戦争経験者である先人たちが共通して行った言葉
〝気付いたら戦争になっていた
決して戦争はしてはならない”
なのだが・・・



ところで、
京都のある文化人は、現内閣の大半が占める
日本会議のメンバーだ
その文化人は、特攻隊だったと豪語
しかし、飼い主が京都にいた頃聞いた話(ご近所では有名な話)では、
彼は、やり手の母親の力で特攻隊に所属も、
出動しなくていいようにしてもらったと・・・
その人間の能力がどうであれ、家の力があれば・・・どの時代も同じなのかも。
[PR]
by fujiki-seki | 2017-03-18 09:21 | ガス文庫2《俺は知ってる》 | Comments(0)
<< 板橋シティマラソン2017応援 来年もこの日差しを浴びたい俺 >>