ブログトップ
ヒットエンドにゃんEX
nekoumeume.exblog.jp
2017年 03月 17日
来年もこの日差しを浴びたい俺
春の日差しは
優しく〝生きている”を教えてくれる

b0166128_10442028.jpg
サバトラの老猫




ここ最近、冬が舞い戻ってきたような寒さが続いた
17歳の俺の老体には、気温の大きな変化は厳しいものである
3月になっても春は行ったり来たり・・・

木々どころか草も生えないコンクリートだらけの道も、
各家々の庭先に咲く、梅やこぶしが目に入ると、
春の暖かさを想像させてくれる
それと共に、桜の木が小さな小さな芽を膨らませはじめている
きっと植物たちも、野良にゃんこも
穏やかな日差しを待ち遠しく思っているだろうに・・・と。

そして今朝・・・
やっと春らしい穏やかな日差しに包まれて 
老体を温める

たかが毛づくろい
しかし、老猫の俺には、
来年の春の日差しに出会えるかわからない
b0166128_10443456.jpg
だから、春の陽気をかみしめながらの毛づくろい

異常気象が世界で続いている
人間が自らの生活のためにと自然をおろそかにし、
今そのつけが・・・・でも、他人ごと?
[PR]
by fujiki-seki | 2017-03-17 11:01 | ペットⅤ | Comments(0)
<< 稲田防衛大臣のおかげ? 怪獣酒場 メフィラスさん、今の... >>