「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ
ヒットエンドにゃんEX
nekoumeume.exblog.jp
2014年 05月 30日
亜細亜大対國學院大 5月29日 東都大学野球 春季リーグ優勝・亜細亜大 
  2014年 東都大学野球 
   春季リーグ優勝 亜細亜大


b0166128_2215396.jpg
役者たちの感動のシーン





“主役が食われる”って言うけど・・・ 
b0166128_2291757.jpg
この日の主役は最後の最後までおいしい所を持って行った池知佑也外野手
この日ソロホームランに、2点目につながる2塁打を放った"役者"だった

文:ふじきせき
“最後まで諦めるな!”って言われたって、実はどんなことかよくわからないのではないだろうか?
私は正直良くわからなかった、この歳になっても・・・
しかし、一瞬にしてそれがどのようなものかを教えてくれた

亜細亜大2対1國學院大で迎えた10回裏
2アウト1・3塁
捉えた強烈な打球はサード右へ飛ぶ
   絶対抜けた~!
と思った
サードが瞬時に飛びつき、打球はグラブの先に当たったがグラブに入りきらなかった
b0166128_23252643.jpg
よくぞグラブに当てたと褒めてやりたかった位、強烈だった打球
その瞬間内野安打だと確信し、『3塁ランナーホームインで同点か~』と、すでに気持ちは同点になっていた
・・・と思った時、まだプレーは終わっていなかった
b0166128_23264100.jpg
ファーストでアウトのコールで試合終了

サードの藤岡選手が弾いた後・・・斜め右に転がった球をショート長曽我部選手が拾い上げたそうで(私のボーっとしていた視線にはサード藤岡選手が処理したように見えていた)、内野安打を確信していた打者を刺したようだが、打者と同じように私も同点と決めつけ目を離した状態だったかもしれず、長曽我部選手の送球には気づかなかった
(追記 今朝ニュースを見ると藤岡選手が刺したとなっている所があったが、いったいあの縞ユニの剛速球は誰だ?)
(追記2 亜大スコアにサードゴロって・・幻じゃなかったんだ♪よかった)


これが“最後まで諦めない!”と言う亜大の野球なのかもしれない
通常のリーグ戦を思い出すと、実はいつものプレーだと言えるかもしれない
ただ、優勝をかけた試合だったのでなんとなく特別に感じるだけだった気もする
彼らにとっては、当然の“いつも通りのあきらめないプレー”だったんだろう

國學院大と亜細亜大の3連日の熱闘は、東都リーグを見始めてから、一番熱くさせられた試合だ
偶然の得点とか、ファインプレーとかも感動するが、この3連日は、仕掛けの畳掛け合いに、練習を猛烈にしたからこそのファインプレーやら、連係プレーやら、偶然の賜物ではなく“必然の賜物”を感じさせてくれた

勝負を決めた打球は長曽我部選手らしいと言える  
b0166128_2338339.jpg
内野前進守備を無理やりこじ開けたかのようなタイムリーだった

この10回表の得点を守ったのも、最後は長曽我部選手だったのかと・・・
(サード弾いたゴロの処理は藤岡選手だと思って見ていたが、それは長曽我部選手だったと、帰宅後記事で知った。しかし、今朝改めて各記事を見てたらサード処理だったと書かれてたとこを発見!)
    
試合の詳細は後日に♪
[PR]
by fujiki-seki | 2014-05-30 00:01 | 2014春 東都大学野球Ⅵ | Comments(2)
Commented by imapon at 2014-05-30 21:31 x
>國學院大と亜細亜大の3連日の熱闘は、東都リーグを見始めてから、一番熱くさせられた試合だ

この3連戦を生観戦されたなんて、羨ましい限りです。
観客数はいかがでしたか?今の学生、授業をサボって大挙、詰め掛けたりしてますか。そこんところ教えてください。
今週末の神宮は満員になるでしょうね。
Commented by ふじきせき at 2014-05-30 22:53 x
imaponさん、コメントありがとうございます
そして、imaponさんのブログ中のスポニチ記事を拝見し、藤岡くんが拾って投げたのが錯覚ではなかったと、かなりホッとしました(大感謝です)

いつもならこの試合を先に出すのですが、今回の亜大の優勝はそれまでの戦いがあってこそなので、順次出していくことにしました。
imaponさんにも少しでもこんな素晴らしい試合だったのかとお伝えできるよう“我が家の猫”ができる限り頑張りますと、言っております♪

観客はやはり多かったです
社会人野球中心の方なども、都市対抗予選シーズンの中、この試合を選択されていらしてました。
一球一球見逃せずって方が多く、いつもより多い観客数もプレー中席を立つ方は少なかった気がします。
暑さも手伝って、バックネット裏はぎっしりでした

実感としては、高く人の少ない所からカメラを構えるのですが、この日はカメラのすぐ前を行き交う人が多く、“人いるな~”と・・・
表彰される選手以外の選手来てたかもしれませんが、そこのところは良くわかりません(ごめんチャイです)
選手には、授業サボっても観てほしかった試合でした♪
<< 拓殖大対青学大 5月20日 東... 亜細亜大対拓殖大 5月16日 ... >>