ブログトップ
ヒットエンドにゃんEX
nekoumeume.exblog.jp
2014年 05月 11日
駒澤大対亜細亜大 5月1日 東都大学野球1部 後半
5月1日 神宮球場にて観戦
駒澤大対亜細亜大 東都大学野球1部

後逸覚悟の地を這う球も、この男の手にかかれば、ダイヤモンドにねじ込んでしまいます 
恐るべしダイヤモンド制覇の 
b0166128_20123992.jpg
東都戦国武将 長曽我部達也

こんにちは わたしグレ♪
TVでプロ野球を梯子したりします
最近のプロ野球は、社会人野球以上にバントを多用してます
ただ、相手バッテリーは1アウト取れるとバントをさせ、する方も難しい球が来るわけではなく…
東都のバントはちょっと違います
バッテリーは極力バントさせまいとし、打者は走者のことも考えどんな球でもバットに当てようとします
だからバントシーンが面白い!
そんな面白いシーンが観られた5月1日・駒澤大対亜細亜大の試合の後半をお送りいたします

駒澤大対亜細亜大 前半→こちらクリック



本日の審判さん
b0166128_745493.jpg


駒澤大
1 [9] 江越 (海星)
2 [5] 砂川 (明豊)
3 [4] 前田 (京都外大西)
4 [6] 下川 (筑陽学園)
5 [7] 齋藤 (愛知)
6 [3] 福山(亮) (東海大相模)
7 [D] 米満 (敦賀気比) H 長谷川 (東海大菅生)
8 [2] 高橋(亮) (埼玉栄) H 山口(修) (広島工)
9 [8] 犬伏 (生光学園)
P-片山(福工大城東) 箱島(福岡大大濠) 
       高橋亮(寒川) 中山(市立川越)

亜細亜大
1 [8] 板山 (成立学園)
2 [6] 長曽我部 (新田)
3 [4] 北村(祥) (星稜)
4 [7] 水本 (大阪桐蔭)
5 [D] 桝澤 (八王子) HD 法兼 (高知)
6 [3] 遠藤(雅) (聖光学院)
7 [9] 伊集院(駿) (東海大相模) H9 長谷川 (天理)
 H 丸山 (玉野光南) R 山下(翼) (九州学院) 9 平田 (富山一)
8 [2] 宗接 (神戸国際大付)
9 [5] 藤岡 (岡山理大付)
P-花城(八重山) 山田(沖縄尚学) 川本(尾道)


6回表(駒)
この回亜大投手交代は川本祐輔投手
b0166128_19522015.jpg


3 [4] 前田 1-1から
b0166128_1953888.jpg
ライナー性の当たりも、
b0166128_19531862.jpg
センター右へのフライ 
4 [6] 下川 1-1から
b0166128_19543746.jpg
叩いた当たりは
b0166128_19545123.jpg
レフト前ヒット
5 [7] 齋藤 初球詰まって
b0166128_19553755.jpg
ショート後方へのフライ
6 [3] 福山(亮) 初球エンドランもファール、1-1から
b0166128_19573743.jpg
ボールの際、
b0166128_19572597.jpg
ランナースタート 
b0166128_19575054.jpg
盗塁成功
2-1から低めに丁寧に集めるも
b0166128_195875.jpg
きわどく四球

ここで亜大監督さんお話をしに・・・
b0166128_19585759.jpg
  

7 [D] 米満 連続空振りで追い込み、3球目
b0166128_19594629.jpg
140K打ち上げ左中間センターフライ

6回裏(亜)
1 [8] 板山 1-2から
b0166128_2015176.jpg
センター左への打球は、ランナーいなかったのですが、異常に前で守っていたため、
b0166128_20151975.jpg
シングルの当たりも左抜かれてフェンスまで行ってしまいましたが、
b0166128_20153438.jpg
カバーに走ってきたレフトが素早い捕球&返球で、
b0166128_20155417.jpg
俊足を2塁に留め置きました
この日センターは新人の犬伏さんですが、過去にも新人さんが初めて神宮球場で守りに着くと、ランナーがいなくてもつい前に守ってしまいます。
これは新人さんによくある現象みたいなものかな。
2 [6] 長曽我部 初球バントの構えで手を出さずストライク、2球目
b0166128_20203295.jpg
バントは
b0166128_20205825.jpg
ファールゾーンから内に入ってくる球を叩くもファールコール・・・球は入ってきてからの捕球なのでフェアーも、ファールコールということは二度バットにあたったのかも
そして1-2からスリーバントは、
b0166128_20214720.jpg
地を這う球にバットを当てて スピンでもかけているのか、 
b0166128_2022236.jpg
3塁線沿いを転がり“キレない!”どころか、途中から内に入ってくる送りバント成功
ここまでバントさせまいとする球を、スリーバントでいとも簡単にダイヤモンドに押し込んでしまう技術って・・・言葉も出ないほど感動してしまいました
一見、『見逃せばボールじゃん』と思いますが、2塁ランナーからすれば少しでも早いスタートを切りたいので、外してもサイン通りバントを決めてくれれば、3塁への走塁も楽になるのだと思われます。
1アウト3塁
3 [4] 北村(祥) 内野前進守備の中、2-1から今度は北村さんがスクイズ決行! 
b0166128_20275851.jpg
ピッチャー前への打球も、
b0166128_20281627.jpg
3塁ランナー躊躇なく好スタートを切っており、
b0166128_20283232.jpg
ホームクロスプレーは、
b0166128_2028514.jpg
トスされた球もギリギリのタイミングのため
b0166128_2029686.jpg
捕球しきれずのタッチで落球  
b0166128_2031721.jpg
亜大長打と神業バントに恒例スクイズで1点をもぎ取りました
4 [7] 水本 ランナー1塁に置いて、1-2から
b0166128_20332242.jpg
空振り三振も、
b0166128_2034150.jpg
ランナースタートで 
b0166128_2034171.jpg
送球大きく乱れて盗塁成功
2アウト2塁
5 [D] 法兼 一球も振ることなく3-1からインコース当たって
b0166128_2035299.jpg
デッドボール  

ここで投手交代は箱島章矢投手
b0166128_20391956.jpg


6 [3] 遠藤(雅) 2-2から
b0166128_2040516.jpg
113K見逃し三振   

7回表(駒)
8 [2] 高橋(亮) 一球も振らずフルカウント、6球目打ち上げたファーストファールフライ  
b0166128_20503174.jpg
内野野手陣からの『遠藤!遠藤!遠藤!』と激しい声の中、しっかり遠藤さんが捕球
いくつもの守備をこなす選手になればなるほど、守備で呼ばれるよりお名前の方が確実性があがるのかも・・・
9 [8] 犬伏 1-2から
b0166128_205318.jpg
127K空振り三振
1 [9] 江越 1-0から
b0166128_20533754.jpg
センターフライ

7回裏(亜)
7 代打 丸山 きわどい球はファールしながらフルカウント、6球目
b0166128_20572328.jpg
134K見切って四球 
代走 山下(翼) 
8 [2] 宗接  1-2からランナースタートで
b0166128_22532037.jpg
焦ったのか後逸  
後逸し球を拾って、急いてサードへ送球しようとした時、ボールの握りが変に握っちゃってサードじゃなくカメラ席方向へバウンドしながら転がって・・・
b0166128_22541049.jpg
一旦様子を見ようと止まったランナーも、3塁へ走って、
b0166128_22542837.jpg
送球くるもセーフに
隣席で、毒舌バキ(わたしの飼い主)が『キャッチボールって大切だよね~』って、ボソッとつぶやいてましたが、実際はソフトと軟式野球しかしか知らない女なので、硬式球のかかり具合は自宅にある球を触るくらいで本当のところはたいして知ってはいません!
ノーアウトランナー3塁で、フルカウントから
b0166128_22581254.jpg
空振り三振
9 [5] 藤岡 内野前進守備の中、
b0166128_2314630.jpg
ストレートの四球
1アウト1・3塁で中間守備に
1 [8] 板山 1-2から
b0166128_2352714.jpg
ボール の際、
b0166128_2351161.jpg
ランナースタートは、
b0166128_2354240.jpg
当然送球せず
1アウト2・3塁
2-2からボールの際、3塁ランナー大きくリード 
b0166128_23101814.jpg
捕手からの牽制も、承知の上でのリードだったようで、
b0166128_23104267.jpg
瞬時に戻ります
・・・で、フルカウントからスクイズ決行! 
b0166128_2316439.jpg
バッテリーは1塁線方向を予想してピッチャー右に動いたようでしたが、
b0166128_23162255.jpg
あえて3塁線寄りへプッシュし、逆を突かれたようなピッチャー捕球で、
b0166128_23163922.jpg
スクイズ成功
バッテリーもしっかりスクイズの準備をしていたようですが、“では準備できてる中、どう成功させるか?”が亜大らしい野球なのだと・・・
2 [6] 長曽我部 2-2から
b0166128_2321760.jpg
138Kチップ捕球で三振に

8回表(駒)
2 [5] 砂川 ファールで粘る中、1-2からの7球目
b0166128_232357.jpg
ショートへの打球は、
b0166128_23232197.jpg
社会人風捌きで、
b0166128_23315268.jpg
社会人風ストライク送球のショートゴロ
大学だとファーストも体が柔らかく、捕球に関しては間に合わせる低めの送球が主流ですが、社会人野球の上手な内野手は、相手が誰であれ捕球しやすいきれいな送球をされます
ちなみに飼い主バキが大ファンだった小坂誠は、ファーストベースに裏方さんに立ってもらい、動かず捕球してもらって、時に裏方さんが手を伸ばしたりしての捕球の際は謝ってました・・・プロになっても、とことんストライク送球にこだわってました。
3 [4] 前田 122Kストライク、125K空振り、3球目
b0166128_23362168.jpg
141K空振り三振  
4 [6] 下川 一球も振ることなく
b0166128_2337528.jpg
3-1から四球
5 [7] 齋藤 1-1から
b0166128_23385636.jpg
セカンドゴロは、
b0166128_2338234.jpg
2塁に入ったショートに渡ってアウトに

8回裏(亜)
この回駒澤大の投手交代は高橋涼平投手
b0166128_23412038.jpg


3 [4] 北村(祥) 1-2から外128Kボール見せた後
b0166128_2343064.jpg
外同じ感じの129K叩き、
b0166128_23431647.jpg
打球はライトへのヒット 
4 [7] 水本 初球なんとバント!  
b0166128_6513694.jpg
予想外のバントにちょっとびっくり!も  
b0166128_6515771.jpg
きっちり決めてランナー2塁

東都で4番張っても、早々プロや社会人に行って、即4番に遣ってくれるなんて・・・ここ最近ではJFE東日本の4番小峰弘樹選手(拓大→JFE東日本)位かしら。
バントのなかった東洋大の鈴木大地選手も、ロッテに行ったら下位打線でバントは当然で、入団後バント練習や守備練習にご苦労されたと聞きました。

5 [D] 法兼 2-1から
b0166128_23512495.jpg
デッドボール
1アウト1・2塁
6 [3] 遠藤(雅) 初球
b0166128_235402.jpg
捉えた当たりは、しっかり軸足に体重残っての叩きをされ、センター右への打球は、
b0166128_23555463.jpg
フェンス前でもうひと伸びして、
b0166128_2356617.jpg
3ランホームイランに

ここで投手交代は中山大貴投手  
b0166128_2357332.jpg
新人さんです

7 [9] 平田 新人対決!
初球強く叩いたピッチャー返しは、マウンドに当たって球速落ち、
b0166128_011671.jpg
セカンドナイスなバックアップで、セカンドゴロに 
8 [2] 宗接 0-2から127K一発狙ってのフルスイングで
b0166128_015345.jpg
空振り三振

9回表(駒)
6 [3] 福山(亮) 0-1からボテボテのゴロに
b0166128_713476.jpg
セカンドダッシュでサラッとアウトの
7 代打 長谷川 2-2から137K見逃し三振
8 代打 山口(修) 一球も振ることなくフルカウントからファール、7球目
b0166128_74282.jpg
強い打球は3塁線へ飛ぶも、
b0166128_735043.jpg
サード好反応で
b0166128_741584.jpg
ガッツリ捕球 
b0166128_742474.jpg
強肩生かした送球余裕のアウトで試合終了

パワーのある選手、小技の得意な選手、守備が売りだったり、俊足だったり、俊足じゃなくても走塁は上手だったり・・・各自得手不得手はさまざま
バント・スクイズからホームラン、相手投手の力量を考えた上で各打者ができうる範囲で策を練る、そして仕掛ける亜大
この日も、亜大ベンチの采配的中!

b0166128_815654.jpg
試合結果 駒澤大1対6亜細亜大   
[PR]
by fujiki-seki | 2014-05-11 08:36 | 2014春 東都大学野球Ⅳ | Comments(0)
<< 國學院大対駒澤大 5月6日 東... 駒澤大対亜細亜大 5月1日 東... >>