「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ
ヒットエンドにゃんEX
nekoumeume.exblog.jp
2014年 04月 19日
拓殖大対駒澤大 4月9日 東都大学野球1部 後半
4月9日 神宮球場にて観戦
拓殖大対駒澤大 東都大学野球1部

ファーストというポジションは、試合中一番動くポジション
本来ファーストには、動けない選手を置くものではない   
b0166128_8455565.jpg
駒大ファーストはよく動く、ファインプレーも多々♪   
(追記 ファースト・巻木周平選手、上手だったから後日サードになっちゃいました)

こんにちは わたしグレ♪
わたしはロッテの安打製造機と言われ、足が普通だったら4割可能の福浦選手が好きだったのですが、打撃じゃなくってその守備に魅了されてました。
ファースト次第で、内野手の好守備もファインプレーにもエラーにもなります。
ファーストが上手だと、その試合もより楽しいものになるものだと実感♪

拓殖大対駒澤大 前半→こちらクリック





本日の審判さん
b0166128_1541096.jpg


拓殖大
1 [7] 加藤 (寒川)
2 [9] 村岡 (志学館)
3 [4] 山下 (八王子)
4 [3] 末廣 (中津北)
5 [D] 近藤 (常葉菊川) RD 玉城 (糸満) HD 石内 (下妻二)
6 [5] 鈴村 (成立学園) R 秋山 (伊那弥生ヶ丘) 5 鈴木(孝) (山梨学院大付)
7 [2] 杉原 (明徳義塾) R 江田 (桐生一) 2 豊島 (中京)
8 [6] 今里 (明徳義塾)
9 [8] 井田 (前橋育英)
P-尾松(明徳義塾) 福永(神村学園) 宮城(滋賀学園) 佃(広島商)

駒澤大
1 [7] 齋藤 (愛知)
2 [4] 前田 (京都外大西)
3 [6] 下川 (筑陽学園)
4 [8] 江越 (海星)
5 [2] 木下 (文徳)
6 [D] 米満 (敦賀気比)
7 [3] 巻木 (明石商)
8 [9] 伊藤(修) (日大藤沢)
9 [5] 砂川 (明豊)
P-今永(北筑)



6回表(拓)
6 [5] 鈴村 1-0から3連続ファール後、
b0166128_147416.jpg
叩きつけた
b0166128_14827.jpg
ピッチャー左への打球は、
b0166128_148266.jpg
ピッチャーが捕球するも、
b0166128_1492100.jpg
悪送球で
b0166128_1491933.jpg
エラー出塁
ただ、エラーと言っても止めることを重要視し、後ろに逸らさず1塁でランナー止めおきます
代走 秋山
7 [2] 杉原 バントは、
b0166128_1461837.jpg
サード猛チャージ  
b0166128_1463698.jpg
少々上がった分、
b0166128_1465727.jpg
ランナースタート躊躇  
b0166128_1471349.jpg
捕球の際捕球しきれずも、慌てずきっちり2塁へ送球 
b0166128_1472460.jpg
間に合ってアウト
8 [6] 今里 バントの構えで見送ってのストライク、2球目バントは
b0166128_14104887.jpg
キャッチャーファールフライ
9 [8] 井田 2-1から
b0166128_14132536.jpg
芯外すも振り切った打球 
b0166128_14134188.jpg
レフト前へ運びランナー1・2塁
1 [7] 加藤 初球打ちはファーストゴロ  
b0166128_14135785.jpg
ここに打つと、抜けないよん♪
拓大、この回もノーアウトのランナー出すのですが、軽快な守備に攻撃の芽を摘まれ続け・・・

6回裏(駒)
3 [6] 下川 初球バックネット前のファールに杉原さんダイブ!   
b0166128_21571995.jpg
惜しくも届かず・・・しかしその勇気とガッツに拍手♪

b0166128_21584748.jpg
左中間へ飛ばすも
b0166128_21582935.jpg
レフトキャッチでレフトフライ
4 [8] 江越 1-2から
b0166128_2159459.jpg
92K見逃し三振
あえて遅い球のストライクって、やっぱり勇気のいるんだろうにゃ~   
5 [2] 木下  1-1から
b0166128_2225745.jpg
三遊間へのボテゴロは、
b0166128_2233336.jpg
代わったばかりのサードが捕球し、
b0166128_2235132.jpg
1塁へ送球も、高い悪送球で、
b0166128_2241266.jpg
ファーストジャンプ捕球後ベース落下も、ジャンプの際にランナーベースに駆け込みセーフ  
b0166128_2244436.jpg
エラーで出塁
6 [D] 米満 初球
b0166128_2342155.jpg
捉えた当たりは右中間へ飛ぶも、
b0166128_2344179.jpg
ライトが滑り込みながらのナイスキャッチ  
b0166128_2345784.jpg
センターも拍手 
b0166128_2361085.jpg
ライト村岡さん、ファインプレー♪

7回表(拓)
2 [9] 村岡 2-2から
b0166128_2312356.jpg
141K空振り三振
3 [4] 山下 2-2からの6球目
b0166128_23121973.jpg
141Kサード上をライナーで通過した
b0166128_23123310.jpg
レフトへのヒット
4 [3] 末廣 0-2からの3球目
b0166128_2313151.jpg
ショートゴロは2塁へ送られアウトも、
b0166128_23134799.jpg
1塁はセーフに
5 [D] 石内 2-2からの7球目141K釣りにつられてボール球打って
b0166128_2314861.jpg
ショートフライに

7回裏(駒)
この回の投手交代は佃投手   
b0166128_231634100.jpg


7 [3] 巻木 初球叩くも
b0166128_231985.jpg
セカンドゴロ 
8 [9] 伊藤(修) 1-2から
b0166128_2319217.jpg
139K見逃し三振
9 [5] 砂川 2-2から
b0166128_23193450.jpg
ショート右へユルッとゴロは 
b0166128_23194997.jpg
ショート捌いて
b0166128_2320326.jpg
アウトに

8回表(拓)
6 [5] 鈴木(孝) 初球ファール、2球目一二塁間への打球は、その捉えた打球の速さからも
b0166128_8394623.jpg
ライト前ヒット・・・のはずだったのが、
b0166128_8403711.jpg
b0166128_8423874.jpg
 素晴らしい反応で巻木選手がナイスキャッチ! 
b0166128_8414948.jpg
b0166128_842526.jpg
そしてそれこそ球足の速さから、起き上がってのピッチャーの送球は楽勝アウト
誰が見ても納得のファインプレーで、明らかなるライト前ヒットを阻止!
1点差の中での先頭打者に対してのこのプレーは、大きな意味があると思います。
7 [2] 杉原 1-2から125K変化球上手く逆方向にシャープに小さく叩き、レフト前ヒット
ここにきて、今永投手の球の攻略がなんとなくわかったような2人の打者も、すでに8回・・・
代走 江田
8 [6] 今里 初球打ち上げショートフライ
9 [8] 井田 2-1からランナースタート 
b0166128_8581877.jpg
ワンバウンド捕球の球も、頑張って送球するも 
b0166128_901945.jpg
ランナー代走の江田さんとしては、仕事しなければなりません 
b0166128_903564.jpg
しっかり足を生かし盗塁成功
しかし、フルカウントから
b0166128_931981.jpg
ショートゴロ
この回1点差だったので、もし先頭のライトへのヒットが抜けていれば、また違ったと・・・素晴らしい守備で失点の芽を摘んだ駒大

8回裏(駒)
1 [7] 齋藤 初球打ちは
b0166128_955835.jpg
レフトへのフライ  
b0166128_953462.jpg
ちょっと怪しいバックも無事捕球
2 [4] 前田 フルカウントから
b0166128_983423.jpg
インコース見切って四球
3 [6] 下川 1-0からショートゴロ 
b0166128_991011.jpg
ショートから2塁へ渡って、1塁へ
b0166128_994567.jpg
6-4-3の併殺
4 [8] 江越 初球打ちは
b0166128_9104520.jpg
b0166128_911110.jpg
ショート正面のゴロ

9回表(拓)
1 [7] 加藤 1-0から
b0166128_9122462.jpg
ファーストファールフライ
2 [9] 村岡 1-1から
b0166128_9123735.jpg
b0166128_9125931.jpg
ショートハーフライナー
3 [4] 山下 一球も振らず
b0166128_9131555.jpg
インコースボールで四球
4 [3] 末廣 0-1から
b0166128_9134528.jpg
141Kバットの先も強いライナーを飛ばしましたが、
b0166128_914634.jpg
ライト正面のライナー

試合終了
b0166128_9142512.jpg
お疲れちゃんです♪

やっぱりベンチの策を省いて純粋に打線を見れば、拓大の4年生たちの穴は大きかったと思います
2部の陽川さんの抜けた農大の打撃をOP戦で観ましたが、それでも飛ばす力は断然拓大より上に見えます
しかし、各選手が懸命にバットをしっかり振りきってる姿を観て、『近い将来、第2の小峰弘樹選手や吉池選手、北條選手が出てくるだろう』と感じさせてくれました。

しかし、拓大は投手陣が良いと・・・佃投手の投球の上手さ、福永投手、尾松投手も続き・・・良い投手陣だとつくづく感じました。
もし社会人チームだったら、毎年拓大から“エース級投手”頂戴ってお願いしちゃいます♪
まだ2年生ですが、杉原捕手には浦捕手(現JFE西日本)のような即戦力捕手になって、大学後も野球の道に進んでほしいと願います。

一見駒大ヒット数は少なくも、打てないんじゃなく、相手投手が良かったのだと思ってほしいです、だってスイングは凄いもん♪
それに、何でもかんでも振り回してませんでしたから・・・相手の配球が緻密でなかったら、もっともっと打ててたと思います。

データが増えていくにつれ、投手陣安定の拓大は、ベンチの頭脳でこの試合以上に伸びてくると予想されます。
どのような勝つための策を魅せてくれるか・・・


b0166128_9283338.jpg

試合結果 駒澤大1対0拓殖大    
[PR]
by fujiki-seki | 2014-04-19 09:35 | 2014春 東都大学野球Ⅱ | Comments(0)
<< 國學院大対中央大 4月15日 ... 拓殖大対駒澤大 4月9日 東都... >>