ブログトップ
ヒットエンドにゃんEX
nekoumeume.exblog.jp
2014年 04月 17日
亜細亜大対中央大 4月9日 東都大学野球1部 後半
4月9日 神宮球場にて観戦
亜細亜大対中央大 東都大学野球1部

9回裏  
b0166128_953386.jpg
エース山崎康晃、何を思う

こんにちは わたしグレ♪
強いんです、中大
でも、そこから辛くも勝ち点をあげた亜大
もし、開幕初戦でなかったら・・・どうだったのでしょう

個々ではなく、ベンチと選手が一体となったチーム同士の戦い
ホント、この2チームの試合をずっとずっと観ていたかった三日間でした。

亜細亜大対中央大 前半→こちらクリック





本日の審判さん
b0166128_9374568.jpg


亜細亜大
1 [D] 山下(翼) (九州学院)
2 [6] 長曽我部 (新田) H 宗接 (神戸国際大付) 6 妻鹿 (大阪桐蔭)
3 [4] 北村(祥) (星稜)
4 [7] 水本 (大阪桐蔭) 8 平田 (富山一)
5 [9] 長谷川 (天理) H9 伊集院(駿) (東海大相模)
6 [8]7 板山 (成立学園)
7 [2] 牛場 (常葉橘)
8 [3] 遠藤(雅) (聖光学院)
9 [5] 藤岡 (岡山理大付)
P-山崎(帝京)

中央大
1 [8] 福田 (習志野)
2 [6] 羽山 (静岡商)
3 [9] 神里 (糸満)
4 [3] 小川(拓) (静岡)
5 [D] 佐藤(匠) (明豊)
6 [5] 小河 (桐蔭学園)
7 [7] 高階 (静岡)
8 [2] 東 (高陽東)
9 [4] 新城 (興南)
P-山手(金光学園) 村川(浜田) 川口(星稜) 在原(習志野)



6回表(亜)
2 [6] 長曽我部 ストレートの四球
彼が出塁すると、立正が優勝した時の黒葛原選手を思い出します。
黒葛原選手は、俊足というわけでもないのに出塁に全集中力を注ぎ、相手を翻弄する味ある塁上の動きをした選手でした。
3 [4] 北村(祥) 1-0から
b0166128_1843886.jpg
しっかり勢い殺した送りバント成功

ここで中大ベンチから監督さんがマウンドへ  
b0166128_18433725.jpg
どうする~?と言ったか定かではありませんが、バッテリーと相談  
b0166128_18435238.jpg
そして山手投手ベンチに戻り、
b0166128_18441099.jpg
交代は村川投手

4 [7] 水本 一球も振ることなく
b0166128_190167.jpg
3-1から四球
5 代打 伊集院  

中大ベンチ  
b0166128_1912731.jpg
相談して・・・ 

伊集院さん、3-2まで見ていき、ファール、そして136K抜けて四球

再び中大相談
すると亜大ベンチ前でも
b0166128_195629.jpg
大人が相談  
b0166128_1952016.jpg
そして打者に大人からの指示を伝え・・・何かな~?

亜大ベンチの策は、満塁もスクイズ決行?それともゴロゴー?犠牲フライ狙い?じっくり押し出し?・・・そのいずれも違いました

中大投手交代は川口投手  
b0166128_917731.jpg
球が軽いので、できれば先発タイプと思ってましたが、そんなことは言ってられません!投手陣総出で頑張ろうとしてます。

6 [8] 板山 ベンチの指示通り、2-2から
b0166128_1995483.jpg
おもいっきり振りぬいた打球は一直線にライトスタンドへ  
b0166128_19105399.jpg
どんな名手もスタンドインはちょっと捕れず・・・ 
b0166128_19111667.jpg
2塁を蹴って 
b0166128_19114574.jpg
ランナー続々ホームイン    
b0166128_19122218.jpg
みんなでお出迎えの満塁ホームラン  
川口投手起用は、スクイズ対策だと思います
無難な投手起用も、中大投手の長所を踏まえての亜大采配に軍配があがったようなHRに思えます。
7 [2] 牛場 1-2から
b0166128_1913279.jpg
ピッチャー小フライ
8 [3] 遠藤(雅) 2-2から
b0166128_19134696.jpg
サードファールフライ

6回裏(中)
9 [4] 新城 2-2からの6球目
b0166128_1915798.jpg
138K見逃し三振
1 [8] 福田 一球も振ることなく3-1から浮いて四球
1アウト1塁
2 [6] 羽山 0-1から
b0166128_19201538.jpg
プッシュ気味のバントも、
b0166128_19203227.jpg
難なくピッチャーへの送りバントとして処理・・・羽山さんの足を考えると、なかなか良い策だったのに、相手がフィールディング抜群だから仕方ないか~
2アウト2塁
3 [9] 神里 4点差なので、思いっきり飛ばしたいところを我慢?
しっかり見ていき
b0166128_1933284.jpg
3-2から四球

2アウトも、俊足の1・2塁ランナー 
b0166128_19383581.jpg
亜大ベンチ一呼吸置きに・・・  

4 [3] 小川(拓) 2-2から
b0166128_19361174.jpg
118K空振り三振
昨年までならチームが4点差もあるとあきらめムードが出て、どう見ても釣りの凄い高い球でさえ振り回してたイメージがありましたが、今シーズンの中大はやっぱりちょっと違う?

7回表(亜)
9 [5] 藤岡 0-1から
b0166128_19431686.jpg
b0166128_19433941.jpg
セカンドゴロ
バキが好きな選手のはずなのに
『当てに行ってるー!空振りしてもいいから、振るならもっとしっかり振らないと!』
と、偉そうなことを。
1 [D] 山下(翼) 2-1から
b0166128_19451222.jpg
レフトフライ 
2 [6] 長曽我部 1-2からショートゴロ

7回裏(中)
5 [D] 佐藤(匠) 1-0から
b0166128_19475593.jpg
センター返し  
b0166128_19485531.jpg
反応の速いピッチャーの左抜けるもそこにはショートが・・・  
b0166128_1949156.jpg
b0166128_19494855.jpg
捕っちゃって、
b0166128_19493078.jpg
ついでにアウトにしちゃって・・・佐藤さんの当たりはセンターへのヒットでもおかしくなかった当たりでしたのに。
6 [5] 小河 1-1から
b0166128_2053025.jpg
141K捉えた打球は、ファースト左へ飛び、
b0166128_2054630.jpg
ファースト好反応で飛びつくも、
b0166128_206437.jpg
球足速く弾いてライトへ
7 [7] 高階 0-1から
b0166128_208331.jpg
ユルッとショートゴロ  
b0166128_2081564.jpg
ショートから
b0166128_2084964.jpg
2塁に渡りアウトも
b0166128_2091543.jpg
2塁から1塁への送球高くなり1塁はセーフ
8 [2] 東 2-2から
b0166128_20103733.jpg
144K空振り三振

8回表(亜)
3 [4] 北村(祥) 1-1から
b0166128_20314089.jpg
叩きつけた緩いサード前のゴロは、
b0166128_2032063.jpg
サードダッシュで
b0166128_20321548.jpg
すぐさま送球
b0166128_20323182.jpg
肩で刺します
4 [7] 水本 2-2から
b0166128_20342960.jpg
137K強いゴロがセカンド左を抜け  
b0166128_2035686.jpg
右中間へのヒット
5 [9] 伊集院(駿) 1-1から
b0166128_2036733.jpg
バスターは、
b0166128_20362559.jpg
力でライト前へ持っていきます
6 [8] 板山 HR後の打席も、欲張って振り回さず冷静に見ていき、3-1から高め外れて四球 
1アウト満塁
7 [2] 牛場 初球低めボールも、
b0166128_2039423.jpg
スクイズ決行! 
b0166128_20395425.jpg
1塁線への打球は、
b0166128_20401245.jpg
グラブトスにはちょっと無理、 
b0166128_2040221.jpg
スクイズ成功で追加点
2アウト2・3塁
8 [3] 遠藤(雅) ポンポンとストライクも、2-1から、
b0166128_20444019.jpg
叩いた打球は 
b0166128_20482334.jpg
レフト前へ
5点差も、
b0166128_20485778.jpg
レフトゴロヒットの打球に対しダッシュし、
b0166128_20492384.jpg
b0166128_20494095.jpg
すぐさまホームへ返球 
b0166128_20503951.jpg
カットはいるもその上を通ってホームへ  
b0166128_2050517.jpg
セーフでレフトへの2点タイムリーヒット 
9 [5] 藤岡 初球ボールもランナースタート 
b0166128_23574135.jpg
キャッチャーから
b0166128_23575992.jpg
2塁牽制は、
b0166128_23571328.jpg
b0166128_23592014.jpg
センターへ抜け
b0166128_2359836.jpg
b0166128_005917.jpg
ランナー3塁へ
1-1からの3球目
b0166128_014388.jpg
前打席とは打って変わってしっかりスイングで叩き、打球は左中間へのライナー  
b0166128_024122.jpg
センター福田さんがめいっぱいダイブするも 
b0166128_8111138.jpg
b0166128_81549100.jpg
球足速くフェンス到達の2塁打・・・どころか、
b0166128_8145511.jpg
俊足生かし2塁蹴っての
b0166128_8161752.jpg
タイムリー3塁打に  
b0166128_8181035.jpg
帽子飛ばしながらの必死のダイブ・・・惜しかったけど、福田さんだからそこまで行けたという流石のプレーに思います。
そして打った藤岡さんも、前打席とは違う、当てに行くのではない振りぬくスイングで本来の藤岡さんらしい打球を飛ばしました。
1 [D] 山下(翼) 2-2から
b0166128_034573.jpg
サードゴロはしっかり体で捕球

8回裏(中)
9 [4] 新城 0-2から
b0166128_8301277.jpg
釣り玉完璧ボールを振って空振り三振・・・すぐ投げやりになっちゃう昨年の中大ですよ、それじゃあ。
負けてても、まだ多くの試合を残してる今、相手チームのエースだからこそ、同じ空振りもしっかり球を見ながらの空振りでなくっちゃね! 
1 [8] 福田 1-2から146K打ち上げ
b0166128_8321951.jpg
キャッチャーファールフライ
2 [6] 羽山 1-2から144Kボールの後に、143K空振り三振  
b0166128_8334858.jpg
ただ、空振りもいい振りする選手です。

9回表(亜)
この回中大の投手交代は在原投手  
b0166128_8452073.jpg
OP戦のキャッチボールを見た弟のガス(社会人野球担当)が『大山君にフォール似てる♪良い球投げるね~、なんて言う投手?』と聞いてきた投手です
長いイニングはまだまだかもしれませんが、小柄ながら我が家の好みの投手です。
※大山投手・・・亜大→セガサミー→オリックス

2 代打 宗接 2-2からサード前へのボテボテのゴロ 
b0166128_8352028.jpg
ダッシュ捕球も
b0166128_8355581.jpg
送球少々低く乱れますが、ファースト好捕球
3 [4] 北村(祥) カットしながら合わせるも、8球目
b0166128_8375515.jpg
ユルッとショートへのハーフライナー
4 [7] 平田 レフトの守備から入った新人さん  
b0166128_8385643.jpg
勝敗以前にドキドキかしら?
1-2から131K空振り三振も、
b0166128_8403533.jpg
良い投手との対戦はいい経験♪

9回裏(中)
3 [9] 神里 3-1から四球  
b0166128_8464835.jpg
大差も投げやりにならず、自分の打席を大切にしてるように見えた打席
4 [3] 小川(拓) 初球140K打ち上げた打球は、この回ショートに入った妻鹿さんが
b0166128_8475836.jpg
キャッチ
5 [D] 佐藤(匠) 1-2から
b0166128_8493914.jpg
ショート正面のゴロ 
b0166128_8554967.jpg
2塁に渡り 
b0166128_856512.jpg
b0166128_8561621.jpg
1塁へ送られ、6-4-3の併殺で試合終了

一昨日、昨日と、ゴロが抜けない國學院との対決で、連勝した中大ですが、すでにその前の亜大戦でその強さが出てました。
亜大の勝利は生田采配につきます
もれなく、山崎投手の着実なる成長♪

中大の負けも、ただでは起きない次につながる、いやつながった戦い方でした。
中大のライト&センターの2人の守備は、6チームの中で文句なしの上手さでしょう。
そしてそろった投手陣・・・・島袋投手の不調をみんなで埋めようとするチームの空気があるのではないでしょうか?
中大ベンチは、動かないベンチではなく、ほんのちょっぴり動きすぎた(6回の投手交代)感じがありましたが、動かないよりずっとずっと納得がいきます。

亜大ファンのバキが、昨日の試合を観た後
『よく、中大から勝ち点取れたよね~。OP戦観たら、絶対手ごわいって思ったもん』
と、ホッとしてました。

本当に今年の中大はちょっと違う
そして亜大も、新たなチームとしてスタートです

両チームの選手たち、そしてしっかりとした采配を魅せてくださった両ベンチの監督・コーチさん 
b0166128_9114796.jpg
面白い試合をありがとうございました

8点差も、試合内容は全く違った見どころの多かった試合でした
b0166128_9213497.jpg
試合結果 亜細亜大8対0中央大 
[PR]
by fujiki-seki | 2014-04-17 09:40 | 2014春 東都大学野球Ⅰ | Comments(2)
Commented by morokoman at 2014-04-18 07:06 x
グレ様

morokomanです。

>強いんです、中大

でも、勝ち点を上げたのは亜大です。亜大のほうが強いんです。

勝ち点を上げたものの方が強いんです。結果を出したもののほうが強いんです。途中経過でいくら良い内容であっても、勝ち点を逃したら意味がありません。それぐらいの気持ちをもたなければ、発展はない。

しょせん、我が母校は「強い」といわれるようなことがあっても優勝には届かないのだと確信いたしました。

今期も優勝は亜大ですね。今から亜大の選手たちの優勝シーンが目に浮かぶようです。バキ様、おめでとうございます。心からお祝い申し上げます。

優勝争いなんて、我が中大には関係ないと思います。

morokomanの「ぶっちぎり最下位」の「期待」は裏切られましたが、「勝率の関係で結局最下位」の期待をしておくことにします。

morokomanが「期待」をすれば、必ず裏切る我が母校……。なのでせめてネガティブなことを「期待」して、それが「良い方向に裏切られることだけを願うばかりです。
Commented by わたしグレ at 2014-04-18 09:32 x
morokomanさん、こんにゃちは~♪

國學院大との戦いは、亜大に続き、これまた熱く面白い試合でした。

リーグ戦なので、まだまだ分かりません
昨年のメンバーが残ってるチームが有利な東都
駒大・中大の争いになるのが想像されます。

>良い方向に裏切られること・・・
わたしは、やっぱり今シーズン中大が優勝争いに一番近いチームだと思っています♪
期待してやってください♪
優勝逃しても、それは実力ではなく、東都ならではの組み合わせの順番の影響から・・・実力あるんです、今の中大!
<< 拓殖大対駒澤大 4月9日 東都... 亜細亜大対中央大 4月9日 東... >>