ブログトップ
ヒットエンドにゃんEX
nekoumeume.exblog.jp
2009年 11月 09日
魅惑の神宮第二球場
 こんにちは わたしグレ(キジトラの猫)016.gif
 
  東都大学野球を知り、いつしかはまっておりました。
東都大学野球は1から4部まであり、私は神宮球場で行われる1部を観戦しております。

神宮球場は、東京六大学が優先的に使用するため、当然土日は六大学が使用、3戦まで行くと月曜も行われます。
火・水(3戦目は木)に東都1部が借りる形のようです。
 
そんなプロ使用の球場のお隣にある神宮第二は、基本的にゴルフの打ちっぱなしがメイン
平日月・火(3戦目は水)に、東都2部が使用するシステムのようです
 

“ゴルフの打ちっぱなしの第二球場”・・・神宮球場とは違った心地よさ(?)みたいなものが潜んでいる、魅惑の球場なんです♪





 
      056.gif 魅惑の神宮第二 056.gif
 
月曜日、神宮球場では六大学の3戦目が行われていることがあり、
b0166128_11152868.jpg
      そんな風景を横目で眺めながら素通りします
 
b0166128_11405398.jpg
  神宮球場を右に見ながらそのまま進みます
  
b0166128_1141485.jpg
  正面入り口以外にも入り口のある神宮球場

 
もう少し進んでいくと
    現れました~060.gif
b0166128_11411839.jpg
         神宮第二
 
正面玄関に入る前に、チケット購入 
   正面をみながら左に進むと
b0166128_11431014.jpg
これが噂のちょっぴり怪しい(?)チケット売り場
       チケットは、学生さんが担当されています
 
再び正面入り口に戻り、
b0166128_1145396.jpg
    いよいよ入場~001.gif
 
正面、階段が地下に向かって伸びてます
b0166128_11485014.jpg
   しかし、ここは選手や関係者が使用


   観戦者は、
b0166128_1149765.jpg
   左か右の小さな階段をテクテク上がります
 

   すると小さな空間から、
b0166128_11492733.jpg
   一気に球場が広がります
003.gif
 
b0166128_12123565.jpg
   ライト側にはゴルフの打ちっぱなし

b0166128_12146100.jpg
ライトの奥にもゴルフの打ちっぱなしになっており、ゲーム中もゴルフのお客様が打ってらっしゃいました
 
  狭いのは球場だけでなく、観客席も・・・
神宮大会などでは、2階を開けるのですが、2部の時は1階のみ
b0166128_12143755.jpg
そのため、応援学生がすぐ側&次の試合の選手達がわんさと接近
 
中央上部には記者席と言う場があり、
b0166128_1262146.jpg
       学生さんがいらっしゃいます

 

b0166128_12221548.jpg
     バックネット最前列からみる景色


b0166128_11573880.jpg
球場すべてを見渡すには中央がいいのですが、左右に行くと片方の外野が見えません
おかげで『打球どこ行った???』状態で、見える範囲のランナーや野手の動きで想像しての観戦
       実はこの想像がまた面白いにゃん037.gif

  スコアボードの手作り感もなかなか味があり
b0166128_1230137.jpg
  よ~く見ると、学生さん達も見えちゃいます041.gif
 
 
風景以外にも注目していただきたいのが、試合前の客席にいる学生さん達
神宮球場での学生応援は、『○○、打てよ~!』とか『○○、絶対勝てよー』など、野球っぽい応援が試合前に聞かれます
しかし、神宮第二では『お~い○○、携帯買った~?』とか『オイ、○○!』とただ呼ぶだけとか、野球に関係ない面白い掛け声が聞かれます。
今回1部に上がった国士舘の樋口投手に対しての掛け声には、しつこいくらい
    『ヒグチカッタ~♪』の連呼
 
 
来シーズンは、国士舘に代わり青学が通うことに・・・
専修や日大のように抜けられなくなってしまうのか、それとも再び1シーズンで這い上がってくるか?
 
今回日本シリーズで活躍したジャイアンツの松本選手、超俊足の日ハムの村田選手・・・この第二にいらしてたのニャン003.gif
 
 
   春・秋の月曜、ふとお休みが取れたら
       ぜひ、神宮第二に隠れた掘り出し物をお探しにいらして下さい 
 
 
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by fujiki-seki | 2009-11-09 23:13 | 2009秋 東都大学野球2部 | Comments(4)
Commented by t-j at 2009-11-11 18:24 x
”いつの日か 晴れの舞台で 活躍を 夢見て過ぎる 神宮球場”

多くの選手は こんな思いで 近くて遠い 隣りの神宮球場の横を通り過ぎて 第二球場に向かっていくのでしょう 
そう考えると 神宮で試合ができる 応援ができるということは 本当に 幸せなことですね あらためて そういう状況に感謝しなければ と思います

今季の立正大もそうでしたが 来季の国士舘大も 今に見ておれ 下剋上の精神で向かってくるでしょうし 他チームは 決して侮れないと思います
Commented at 2009-11-11 23:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by わたしグレ at 2009-11-12 00:40 x
t-jさん、コメントありがとうございます。
 
”いつの日か 晴れの舞台で 活躍を 夢見て過ぎる 神宮球場”
   心にじんわりきちゃいました。。。
 
神宮第二から、神宮球場のスコアボードが見えるのですが、それを目にするたびに、
  “ここの選手達は、お隣で戦いだろうにゃ~”
なんて思って眺めております。
 
本当に“下剋上”がある戦国東都・・・多くの野球好きに、一度でいいからこの凄まじさを観ていただきたいにゃって思います。
 
来シーズン、強い東洋が復活する予感が致します。
Commented by わたしグレ at 2009-11-12 00:52 x
非コメの“S”さん、こんばんにゃ~♪
 
立正の黒葛原(つづらばら)さんは、佐藤賢治さんの先輩にあたります。
首から上はとっても愛らしい瞳の、かわいいお顔をされてます。ただ、さすが横浜出身だけあり、首から下は小柄ながらも野球マッチョです。
ぜひ、お顔見てくださいね♪
ただ、確実に気が強いです!
 
U-26の立正から選ばれた越前(えちぜん)さんは、佐藤賢治さんの同期ですが、高校時代は控だったらしいです。(でも今は、賢治さんより守備はお上手になられてま~す♪)
 
今から我が家も楽しみな神宮&U-26です☆ 
<< 11月4日 六大学野球新人...  11月8日 東都大学野球... >>